クラドKの魅力を考える。~バンタムMGLとの比較~

2017年発表となったUSシマノ、クラドK。

クラドはスコーピオンのUS版なのですが、2018年、日本でもこのボディのスコーピオンが登場するのか、はたまた日本のクラドがクラドKになるのか。

もしくは日本にはクラドKボディはやってこないか。

どうなるかわかりませんが、クラドKがずーっと気になっているんです。

クラドKを輸入するメリットはあるのかないのか。

これを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク




シマノ クラドK

引用元:US Shimano

2017年、1ICASTで賞を獲得したクラドK。

まずその特徴をおさらいしていきましょう。

マットブラックのボディ

引用元:TackleTour

ボディはマットブラック。

シンプルで普通に好きです。

伝統のグリーン

クラド伝統のグリーンは、スプールとキャスコンノブに残っております。

マットブラックと、喧嘩しない程度のディープグリーンは渋いです。

マイクロモジュールギア

マイクロモジュールギアが搭載されており、マイクロモジュールギア独特の滑らかな巻き心地が味わえます。

カルコン寄りの巻き心地、メタニウム寄りの巻き心地、アンタレス寄りの巻き心地なのか、これは実機を触ってみないとわかりません。

が、ブラス製のギアということなのでメタニウム寄りではなさそう??

Ci4サイドボディ

サイドプレートはCI4です。

剛性の鬼と話題の18バンタムMGLの登場で、CI4って大丈夫なの?弱くてすぐだめになる?と不安になりそうですが、まあそんなことは普通に釣りしてればないはず(笑)。

バンタムが魅力なのは間違いないですが。

アメリカのインプレサイト、TackleTourでも、「まるで戦車のような、戦うために造られたかのような耐久性」と評されています。

ツリラクのようなサンデー未満アングラーには十分すぎると思いますね。

クラドKを買うか、バンタムMGLか。

バンタムMGLの話を出しました。

新顔同士ということで、どっちも気になるんです。

どっちも買うのは厳しいので、自分的ニーズに合わせて考えていきたいと思います。

クラドとバンタムの違い①

クラドKとバンタムMGLの違いは色々あるでしょうが、まずはサイズ(スプール)。

クラドKは200サイズのリールで、20lbが100メートル巻けるんです。

バンタムは村田基氏曰く、80サイズということで「バーサタイル」な感じですね(16メタが70サイズです)。

20lb100メートルなんて巻かないし、MGLスプールで、1/4オンスクラスのルアーもよく投げるだろうというならバンタムがいいでしょう。

逆に、太いラインでビッグベイトやストロングな撃ちの釣り、マグナムなクランクやりたいならクラドKですね。

クラドKは、ローギアの選択肢がないですが、ローラークラッチ部にベアリングが入っていて、巻きトルクにいい影響を与えるんだとか(マサキのバス釣りノートさんの情報をお借りしました)。

シマノのクラドKと14スコーピオンを比較しました! 見た目から内部まで別物のリールになっています!

あとはやっぱりバンタムはMGLスプールで、クラドKは普通のスプールという点ですね。

普通のスプールとはいえ、TackleTour曰く、クラドの前モデルに比べて飛距離はあまり変わらないものの、ちょっと軽いものが投げやすくなっているんだそう。

プラス、キャストのコントロールがしやすく、精度が高まったという話がありました。

クラドとバンタムの違い②

違いというほどでもないですし、上でも触れましたが、クラドKにはローギアがないんですよね。

もしバンタムMGLのエクストラハイギアを買ったとして。

もし分解なんかも自分でできれば、ローギアのピニオンギア、メインギア等を用意して、自分のお好みでギアチェンジができるわけです。

面倒ではありますが(笑)。でも、ちょっとローギアで巻きたいな、という時にもう一台買わずにオーバーホールついでに味付け変えれるんですから楽しいですよね。

クラドとバンタムの違い③

当たり前ですが、値段です。

バンタムMGLは定価39,000円。実売はもっと安くなりますが、どれくらいになるんでしょう。

で、クラドKは180ドル。送料合わせると210ドルくらいですかね。

210ドルは現在24,000円くらいです。ebayだともう少し安いものもあって、2万円くらいで買えそうですね。

値段だけ見ればクラドK、魅力ですよね。ほろ酔いレベルでも調子に乗って買っちゃいそうな価格です(笑)。

個人的には

そう簡単に釣り具を買えない身からするとクラドKです。

太めのラインがっつり巻けるリールも最近ちょっと気になっていて、そうするとやっぱりクラドK。

ダイワやアブ的なクラドのクラッチも気になり・・・クラドK、バンタムに負けません。

とはいえバンタムのあのボディはやっぱり気になっちゃう・・・。

ローギアとエクストラハイギアの入れ替えしたりとか楽しいし・・・。

重さも大して変わらないですし、んー悩みます。

まとめ

クラドK、最大の魅力は値段ですね。

デザインもカッコいいし、ラインキャパはアメリカンですが、ビッグベイトとか、大き目のハネモノものとかにもGOODな感じですし。

「剛性」という話であればバンタムMGLには敵わないかもしれないですし、MGLスプールじゃないですし、汎用性の面でもバンタムMGLに分がありますよね。

んー、どっちも買えれば話は早いんですけどね。

ということで、以上、「個人的に頭を悩ますクラドKとバンタムMGLを比較し、どっちを買うか判断するヒントを自分のためにまとめてみた」という記事でした(笑)。

にしても意外とクラド安いな。日本では出ないのかなぁ。

お読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事もどうぞ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク