【DUO】シャッド投げる?ミノーにする?いやレアリスロザンテにする!

ジャケ買い的な、見ただけで釣れる気がすごくするルアーってありますよね。

今日のテーマはレアリスロザンテ。

自分的ジャケ買いルアーです。

久しぶりに使い込んだのでインプレしてみます。

スポンサーリンク




デュオ レアリスロザンテ63SP

長さ 63mm
重さ 5g
フック #10

デュオのレアリスロザンテです。

今日紹介するのは小さい方で、77SP という大きいモデルもあります。

シャッド系ミノー

DUOのHPには「線、面、点と多彩な釣りを演出するシャッド系ミノー」というキャッチフレーズが。

シャッド系ミノーってなんなんでしょうか。

確かに見た目はミノーともシャッドともいえるようなシェイプ。

ミノーには見える、でもミノーともなんか違うような。

シャッドと言えば、確かにこういうボディのシャッドもあるような。でもリップは短いし。

「シャッド系」というのはどういうことなのか。

HPによると、トゥイッチ、ジャークを入れれば、シャッド的なダートアクションを入れられるというんですね。

ダートアクションで点の釣り。

タダ巻きで線の釣り。

色んな攻め方ができる優等生なのです。

改めて投げ込んでみた

ベイトフィネスタックルのテストも兼ねて、そんな優等生を改めて投げ込んでみました。

飛距離

5gですから、そもそもぶっ飛ぶわけじゃないです。

が、少し飛距離は出にくいルアーかなと思います。

小場所で釣りをしているので、大遠投は必要ない。

けどもう少し飛べば、あのカバーに届くのにと思うことが。

ちょっとここが残念。

アクション

アクションは、下に動画リンクを貼りますので、それをチェックしていただければと思いますが、ロール3:ウォブル7っていう感じでしょうか。4:6くらいかなぁ。

何がどうだとどうっていうのを語れるレベルじゃないんであれですが、ただ巻いてて「あ、釣れた」っていうことがあったので、当たり前ですが「釣れるアクション」です(笑)。

ロザンテ熱再発原因

ロザンテ熱が再発している状態なんですが、理由があります。

それはこのカラー。

スポーンフィッシュというカラーです。

透けるような赤。

春は赤とか言いますが、赤と言っても色々。

赤の奥深さをDeeep Stream、KenDさんの記事で知り、即影響を受けてしまったのです。

古くからの伝統釣法、"早春のサスペンドミノー"大定番のセオリーは、なぜこうも毎年炸裂するのか?タネも仕掛けもある、ジャークベイトが効く理由を考えます。

なかなかクリアなレッドが見つからない。そんな時ふと目に入ったロザンテ。

そこにナイスなカラーがあったのです。

サスペンド

ロザンテはサスペンドです。

今日使ってたときはスローフローティングでした。水温によって変わるんですよね。

スローフローティングになっちゃってましたが、サスペンドという点も、これを選んだ理由です。

それもまた上のKenDさんの記事の影響です(^_^;)

まとめ

レアリスロザンテ、なによりルックスがいいんですよね(アクションも同じくらい好きですよ)。

艶めかしい曲線にカラーリング。

釣れる気がする、釣れる気しかしないのです(でも今日は、いや今日もボウズ)。

レアリスロザンテのこの赤いカラーを信じて、なんとかスプリングバスをハントしたいと思います。

というわけで今日はレアリスロザンテ63SPでした!

Thank you for reading!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事もどうぞ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク