クラドDCが登場!全米が震撼したクラドにDCが!

USシマノのベイトリール、クラドKが昨年登場しました。

そのクラドにDC搭載モデルが出ました!

スポンサーリンク




Shimano Curado 150DC

昨年アメリカで大ヒットしたクラドK。

そのクラドが、デジタルにブレーキングしてくれるDCを載っけて登場しました。

外観

クラドKのルックスと何が違うか見てみます。

ちなみにこちらがクラドK。

ハンドルがクラドKに比べてゴールドっぽくなってます。

ゴールドといっても、クラド伝統のディープグリーンも混ざっているような、そんなゴールド。

ボディはクラドKのブラックに比べて、シルバー味が強い感じ。

少しメタニウムDCに似てる?!

ギア比

ギアのラインナップは、

6.2:1

7.4:1

8.5:1

の3つです。

重さ

重さは7.8オンス。

グラムにすると220グラムくらいです。

ギア比8.5:1のエクストラハイギアモデルのみ7.9オンスで、若干重いです。

エクストラハイギアモデルはロングハンドルになっていて、その分重いよということなのでしょうか。

メタニウムDCは190グラムなので、+30グラム。

自分の旧エクスセンスDCは240グラムなので、それよりだいぶ軽いです(笑)。

(っていうかメタDC、DC搭載して190グラムってめっちゃ軽いな・・・)

スポンサーリンク




ラインキャパシティ

12ポンドが110ヤード、約100メートル巻けます。

メタニウムDCは12ポンド(ナイロン)が120メートルですが、それより浅溝ということなんでしょうか。

アメリカの12ポンドが日本のナイロン12ポンドと同じ感じであればクラドの方が浅溝なんですが、本当にそうなのかな・・・。

動画

クラドDCの動画がUPされています。d

クラドDCのお話というより、DCブレーキについての動画です。

バッテリーはいらないよとか、バックラッシュも減って、飛距離が出るよとかそういうベーシックな説明なんです。

が、そういえばアメリカ市場ではDC搭載機のラインナップがなかったんですよね。

JDM(日本市場)にDCがあるというのを知っていても、DCがデジタルチップの略だと思ってたというアングラーがいたり。

プライス

さて気になるお値段ですが・・・。

249.99ドル。日本円で、約28000円です。

スコーピオンDCがアマゾンで25000円くらいということで、それよりは高いですね。

輸入となると3万はするかな。

まとめ

ということで突如発表となったクラドDC。

今後またICASTという世界最大のフィッシングショーに合わせて、色んなリールが登場しますね。

クラドDCの素顔も色々見えてくると思います。

舶来品が気になっちゃうミーハーなわたしにはつらい時期です・・・。

ということで今日はクラドDCでした!

Thank you for reading!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事もどうぞ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. Cou より:

    はじめまして。
    いつも拝見させて頂いております。
    ラインキャパの件ですが、向こうの方が同一ポンド数でも太く、
    向こうでは12ポンドで0.33mmの為、日本でいうと大凡16ポンドです。
    なのでアメリカ12lb=110Yd≒日本16lb=100mになるかと思います。
    私はフロッグ用で151XGを注文しました。

    • TsuriLuck より:

      Cou様
      コメント&情報ありがとうございます!
      日本でいう16lbなんですね…勉強になりました!フロッグ用にゲットされるんですね…羨ましいです(-_-;)