【BM-ホッグ3】クリーチャールックなフォール&スイミングウェポン。

デプスのBM-ホッグ3インチを使ってきました。

ん??という謎な見た目に思わず興味をそそられたワタシ。

BM-ホッグが今日のテーマです。

スポンサーリンク




deps BM-ホッグ 3インチ

「ハイアピール・バルキークロー。」というのがBM-ホッグのキャッチコピーなんですが、これクローなんですか?!というのが正直なところ。

3インチモデルを選びましたが、そこまでバルキー感はないです。

推奨フックサイズは#1/0。

3インチ、かなりタイニーよりなのです。

各パーツチェック

一番の特徴は極太のアーム。

根本は太めで千切れにくくなってます

アームの先は割れているのですが、これが水噛みを良くしているのでしょうか。

2本の触角がついていまして、こっちがテール側になります。

ボトムではピリピリ、この触角がバスを誘ってくれます

ボディは薄いので、ナローゲイプのフックでも可動域がしっかり確保できます。なのでフッキングもしやすい形状と言えます。

アクション

うおー!っていうくらい、びろびろびろ!!とアームが動くBM-ホッグ。

テキサスリグで使ったのですが、まーパンチが効いたアクションなこと。

リボンのようにうごめいて、水を掻き回してくれます。

サイズは小さくても、小バスびびっちゃうかも?なリアクション要素兼ね備えたアクションでございました。

使用感

大きなアームがありますので、すり抜けは先日紹介しましたリルラビットの方が断然グッド

今さらな感じですが、リルラビットを使おうと思いたちました。 今日はリルラビットを開封するというお話です。 いつもより中身のない話...

9gのシンカーでまず使ってみたところ、もちろんシンカーが重いのでよく動きます。

ちょっとシンカーデカすぎシルエットになっちゃってますが(笑)。

試しに3.5gのシンカーでも使ってみました。

それでもヒラヒラ動いてくれたので、シンカー重くないとダメということはありませんでした。

ボディが薄いのと、針先が隠しにくい形状のため、フックポイントが露出しやすいのがちょっと気になりました。

フォルムが好き

BM-ホッグを買うとき、他のホッグ系やクロー系も手に取って悩んだんです。

RPGに出てくる武器みたいなルックスで、バスもびびっちゃうんじゃないの?!とか思ったり思わなかったり。

こんな得体の知れぬ形、魚はなんて思うんだろうと懐疑的になってしまいまいません?

でもこの形だからこそ生まれるアクション&波動があるはず!ということで他のホッグワームと使い分けて楽しみたいと思います。

巻きやズル引きもよさそう…。

ジグなら撃っても巻いても使えるな…。

まとめ

デプスのBM-ホッグ3インチについてでした。

変わったクリーチャールックだからできるリアクションの釣りに期待して、マイフィールドのスレバスを倒したいと思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事もどうぞ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク