【OPA! FISHING TACKLE】マッディービーツのバイブス強烈につき。

OPA! FISHING TACKLEのクランクベイト、マッディービーツ。

ずっと気になってたマッディービーツをやっと使ってこれました。

スポンサーリンク




OPA! FISHING TACKLE マッディービーツ SSR

長さ 45mm
重さ 9g
潜行深度 80㎝~120㎝
推奨ライン フロロ10~14lb
タイプ フローティング

オーパ!フィッシングタックルさんのスーパーシャローランニングクランクベイト、マッディービーツSSR。

まん丸でくりんくりんなボディシェイプが可愛すぎて可愛すぎて・・・。

釣りビジョンの動画かなんかで初めて知ってから大分時間が経ちましたが、たまたまお店で出会えたので連れて帰ってきてしまいました。

マッディービーツのHPによると、

マッディービーツはマッディーウォーターを攻略するために専用設計されたクランクベイト。ヘビーなビートが強く!激しく!泥水を震わせる。

そんなクランクベイトだということで、マッディーなフィールドで釣りをすることが多いツリラク的には、よっしゃ!なクランク。

よし、一緒に色々震わせよう!!

フック

フックはOPA! FISHING TACKLEさんのオリジナルアウトバーブフックが採用されています。

フロントフックは赤。

バイトマークになるとか、赤のフックの方が釣れるとか、色んな話を聞いたことがあるような。

フロントは#6でリアが#4というサイズです。

カカリの良さ、根がかり回避、貫通力、バレにくさという全てにこだわりを詰め込んだOPA! FISHING TACKLEさん自信のフックとなってます。

薄型リップ

横から見るとその薄さがよくわかる、極薄リップ。

速いピッチのウォブルアクションを生むための重要なポイントです。

投げてみた

お気に入りのクランキングタックルで投げてきました。

使用感を記していきたいと思います。

飛距離

自重9gのマッディービーツ。

レボLC6の守備範囲的には問題ない重さです。

そこまで重くないのでバビューンとはいきません。

が、必要十分な距離は出ます。

速巻き対応力

巻き抵抗強めの強力なウォブルアクションが武器なのですが、結構なスピードで巻いても泳ぎが破綻することはありませんでした。

強いバタバタはファストリトリーブでも見ることができます。

スローでもしっかり

スローリトリーブではブワンブワンぐるんぐるん。

どんなスピードでも泳いでくれる使いやすさが秀逸です。

潜行深度

SSRモデルですので泳ぐレンジはかなり浅いです。

80㎝から120㎝を泳ぐとありますが、16ポンドナイロンを使用していたのもあるのか、そこまで潜っているかな?という印象でした。

ピーナッツSSRやベビーワンマイナスのレンジよりちょい下を泳いでくれるイメージ。

よく通う場所では、ど真ん中な中層となるレンジを攻めることができるので個人的にあると嬉しいクランクとなってくれました。

根がかりは

めちゃめちゃ浅く、かつ障害物も多いショアラインを引いても根がかりすることはありませんでした。

スタックしちゃったかも?とリールを巻く手を止めるとスーッと速いスピードで浮き上がってきたマッディービーツ。高浮力なこともあり、根がかりはしにくそう。

動画

マッディービーツの暴れ具合のわかる動画があります。

OPA! FISHING TACKLEの小林さんによる、解説動画もございますのでよろしければチェックを♪

まとめ

アクションの強さが、巻いていて楽しいマッディービーツ。

泳ぐレンジも絶妙で、他のレンジでダメな時是非使いたくなるクランクベイトです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
こちらの記事もどうぞ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク