大好きカルコン50。時代の先を行ったカルカッタコンクエスト。

カルカッタコンクエスト50が大好きというお話です。

シマノ カルカッタコンクエスト50

軽いものをより気持ちよく、より遠くに飛ばすなら、他の選択肢がたくさんある今日。

カルカッタコンクエストのBFSなるモデルもあるなかで、かつては軽いものを扱うのが得意とされたカルカッタコンクエスト50の存在価値はあるのでしょうか。

なんてそんな難しい話はやめっ!

(うすっぺらなだけ)

にして、とにもかくにも、カルカッタコンクエスト50は愛嬌たっぷりの愛すべきリールなのです。

ナイスなボディ形状がたまらない

現行のカルカッタコンクエストが発表されたとき、50サイズが無かったこと&その見た目にショックを覚えた記憶があります。

現行もかっこいいですが、教科書通りなまん丸ボディの旧型の方が個人的に好きでお気に入りなんです。

カルコン50は非常にボディが小さく、握りこみもしやすいデザイン。

愛おしいポイントです。

ハンドルノブ、クラッチのラバーがブラウン。

お気に入りなのがハンドルノブとクラッチのゴム。

若干茶色で、ゴールドと合って気品を感じます。

ハンドルノブやグリップ部のラバーはブラックが多いですが、ここをブラウンにしてゴールドのボディにマッチさせるなんて、シマノさんやってくれてましたね。

意外と軽い

50サイズはパーミングしやすいコンパクトなボディというのは先にも述べました。

自重は205g。特別重いわけではなく、重さも気になりません。

コンパクトなのもあって軽く感じるのは気のせいでしょうか。

巻き心地GOOD

巻き心地はカルコンなだけあってシルキーでお気に入り。

マイクロモジュールの方がヌルヌル感ありますが、カルコン50の滑らかさも堪らないです。

軽いルアーは投げられるのか

ベイトフィネスリールや、最近のリールの方が軽いルアーをすーっと飛ばしてくれるでしょうし、正直7グラムくらいが気持ちいいかなという感じ。

ですが、シャッドやミノー、タイニークランクもぴゅんぴゅん投げられます。

小型スピナーベイトやタイニークランクをマキマキするのがとっても楽しいリールです。

(でもアベイルの軽量浅溝スプール買っとけばよかったなぁと後悔…)

ロッド選びは難しいかも

気に入らないところは無いですが、あえて文句もつけるなら…。

ゴールドというカラーとこの見た目なので、ロッド選びに困る一面もあります。

が、所有する喜びは味わえます(笑)。

カラーやデザインだけでなく、軽めのルアーに特化していてかつローギアということで、なんでも用のリールっではありません。イコールなんでもロッドはちょっと違うかな。

となると何にしましょ、っていう難しさはあるかもですね。

重いルアーはきつい!

そもそもそんなこと求めてませんが、重めのルアーの対応力は低いかなと思います。

スプール径がかなり小さいので、重めのルアー投げるとスプールがガンガン引っ張られて回転しすぎちゃいます。

それに合わせてブレーキもかけないとなので飛距離は落ちます。

なるほど、だからアンタレスは「飛ぶのか」と物理を学ばせてもらったリールです(笑)。

超短距離は日本人も強いけど、100メートルとなると、ボルトがやっぱり強いよね的なことも感じたり(笑)。

合わせているロッド

合わせているといいながら、今は実家に置いてあって手元にないのですが…(汗)

フェンウィックのスカイウォーカーというかなり古い短めのMLロッドを合わせてます。

中古で安かったのですが、ゴールドのガイドフレームにコルクのストレートグリップ、ちょっと古めかしい青緑なブランクスがカルコンにしっくりな感じで。

ベターな相棒探し中なのですが、なんかないかなーと中々見つからないでいます(笑)。

カルコン50、オフセットクラッチカスタム。

関連記事

01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチ KDWこと、カケヅカデザインワークスがかつてリリースしていた01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチ。 完売からどれだけ時間が経ったかはリサーチ不足なのですが、幻の名作クラッチと[…]

カルカッタコンクエスト50対応のオフセットクラッチがカケヅカデザインワークスから再販となりました!

上のリンクでは、全色装着というのをやってございます。気になる方はどうぞ♪

めちゃめちゃカッコいいっす。

総評

◎かっこよさ

◎パーミング性

◎汎用性

◎巻き心地

◎飛距離

◎対軽量ルアー

カルコン50の評価はこんな感じです。

ギア比の低さと適合ルアーウェイトの狭さから、汎用性の星は2.5にしました。

現代のベイトフィネスリール、スプール径30㎜のリールには敵わないですが、比較的軽いルアーが投げられ、かつ巻き心地良し、見た目良し、というのがカルコン50です。

まとめ

バス釣り復帰して少し経って手にした思い出のカルコン50。

もっと使って思い出増やそ!

ということで今日はカルコン50についてでした!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!