リールインプレ集

実際に所有するリールインプレ記事をまとめてみました。

シマノ、ダイワ、アブガルシアの順になっております。

シマノ

19 SLX MGL

関連記事

シマノ SLX MGL 自重 糸巻き量 スプール ベアリング 190g-195g 12lb-100m 32㎜径/幅23㎜ 4BB/1RB 密かにSLXデビューしちゃってました。 コ[…]

19 アンタレス

関連記事

シマノ 19 Antares アンタレス伝統の大口径大遠投仕様スプールではなくなった19アンタレス。 34ミリの「バーサタイル」よりなスタイルに生まれ変わった蠍座の1等星はいったいどんなリールなのか。 インプレしていき[…]

18 バンタムMGL

関連記事

シマノ バンタムMGL 自重 スプール径 糸巻き量 215g 34/22 12-130㎜ 14-110m 16-100m コアソリッドボディで剛性が魅力。 ロープロでありながら最高レベ[…]

17 セドナ

関連記事

安さ魅力の17セドナ。 安いだけが魅力じゃない、とセドナ推しな立場でいました。 が、もちろん完璧なわけはなく。 今日は17セドナを長期的に使ってみて感じる問題をテーマにしたいと思います。 シマノ 17セドナ […]

16 ストラディックCi4

関連記事

今日はタックル紹介的な記事を。 リーズナブルなのにハイスペックなスピニングリール、16ストラディックCI4+についてのインプレを綴っていきたいと思います。 シマノ ストラディックCI4+   「永遠に変わら[…]

13 エクスセンスDC

関連記事

PEラインを使ったベイトシーバスゲームというジャンルの先駆的モデルであった、エクスセンスDC。 そんなエクスセンスDCをバスで使ってみようと思いました。 13エクスセンスDC エクスセンスDCが登場したのは2012[…]

09 アルデバランMG

関連記事

09アルデバランMGが良いぞという噂はいつも聞いてました。 今さら感MAXですが、09アルデをベイトフィネスに使おうって考えたよという話です。 09アルデバランMG 軽量級ルアーを投げるのは得意。 でも、レーシーにベ[…]

関連記事

アベイルの軽量浅溝スプール(ALD0928R)を入れた09アルデバラン。 これでベイトフィネスやってみようということで、色々投げてみました。 トルキーストレート4.8のネコリグ(1.8gシンカー) まずはDスタイル[…]

07 メタニウムMG

関連記事

メタマグの海外版、コアとクロナークについて記事にしてきました。 ラストのテーマは、コアとクロナークのJDM (Japanese Domestic Market)モデル、07メタニウムMGについてです。 メタマグの愛称で親しまれて[…]

コア100MG

関連記事

07メタニウムMGが大好きだというバサーの方は多いのではないでしょうか。   「メタマグ」と呼ばれ愛されるあのモデルに海外版があるんです。   その名は "Core 100MG"。 &nbs[…]

クロナーク100D5

関連記事

今年、シマノのクロナークにMGLスプールを搭載した17クロナークMGLが登場しましたね。   メタニウムMGLはちょっと予算オーバー。でもニューMGLスプールを味わいたいという方には気になる存在です。ツリラクも発表当初[…]

04 スコーピオンMG1000

関連記事

シマノ スコーピオンMG 1000 2004年に登場したスコーピオンMG1000というリール。 スコーピオンと言えばの独特なレッドではなく、シルバーを基調としたスコーピオンMGがずっと気になっていたツリラクです。 気に[…]

IX2000R

関連記事

何年前だったか忘れてしまったんですが、オールドな見た目と安さから手にしたIX2000Rというリール。 今日はそいつをちょっと紹介したいと思います。 Shimano IX 2000R USシマノに興味を持ち始めた頃、[…]

ストラディックCi42500F

関連記事

前にクロナークなのにメタニウムという記事を書きましたが、今回はレアニウムなのにストラディックというお話です。 https://tsuriluck.com/2017/09/28/chronarch100d5/ ストラディックCI4[…]

カルカッタコンクエスト50

関連記事

カルカッタコンクエスト50が大好きというお話です。 シマノ カルカッタコンクエスト50 軽いものをより気持ちよく、より遠くに飛ばすなら、他の選択肢がたくさんある今日。 カルカッタコンクエストのBFSなるモデルもあるなかで、かつては[…]

アンタレス5

関連記事

12アンタレスユーザーでした。 キャストぶっ飛ぶのはもちろんですが、何よりもそのキャストフィールが官能的でした。 サヨナラして後悔したリールNo.1は12アンタレスなんです。 そんなある日、初代アンタレスに出会いました。 […]

バンタム クロナーク100

関連記事

【バンタム クロナーク100】海外版の白いメタで歴史を感じる。 名作と呼ばれるリール、シマノのスコーピオンメタニウムXT。 その海外版、バンタムクロナーク100が今回の主人公です。 とある中古ショップにあったこちら。 […]

バンタムTX-10

関連記事

「バンタム」という名前がロッドやルアーで復活してから、間違いなく「バンタム」は復活すると信じてました。 それが2018年、「バンタムMGL」としてついにやってくると。 先に申し上げますが、この記事はその新作バンタムリールについて[…]

ダイワ

20 タトゥーラSV TW

関連記事

20 タトゥーラ SV TW インプレ。ダイワの本気が感じられる満足リール。 正式には20タトゥーラSV TWなのか19タトゥーラSV TWなのか、そこがちょっとよくわからないけれど、モデルチェンジとなったタトゥーラSV TW。 見[…]

20 タトゥーラ SV TW インプレ

20 レブロス

関連記事

20レブロス インプレ。お手頃価格帯の最強スピニングリールか。 ダイワが送る、ハイコスパスピニングリール、レブロス。 2020年、レブロスがLT(軽くてタフ)化してリニューアルとなりました。 20レブロスでソルトをやっ[…]

17 タトゥーラSV TW

関連記事

17タトゥーラSV TW レビュー。SVスプール普及機はさすがでした。 17タトゥーラSV TWが世に出たとき、この価格帯でこの実力ってホントにダイワさん良いんですか、なんていう声をよく耳にしました。 ずーっと気になっていた[…]

フエゴCT

関連記事

お買い物に行ってたんです。 こんなとこに黄色いお店あったんだーなんて感覚で入ったら、びっくりな品に出会いました。 リールコーナーで ふむふむ、とリールを眺めていたら。 フエゴCTが置いてありました。 ダイワのエ[…]

スティーズ103H

関連記事

今さらなリールが登場することの多いこのブログ。 今回は最近惚れ込んでいるスティーズ103Hになります。 ダイワ スティーズ103H もう10年以上前のリールなんですね。 バス復帰後、ダイワリールをそこまで追ってこなか[…]

アルファスフィネスカスタム

関連記事

今日は久しぶりに3時間ほどホームリバーへ行ってきました。魚には触れることができませんでしたが色々試したいことができたのでまぁ結果オーライです。 本日は今日のタックル、アルファスフィネスカスタムのSVスプールカスタム(?)について書きた[…]

関連記事

前回の記事はこちら https://tsuriluck.com/2017/08/05/afcsv1/   前回ではアルファスフィネスカスタムのレビュー、インプレをお伝えしましたが、今回はタイトル通り「SVスプール[…]

アブガルシア

ロキサーニBF8

関連記事

コスト面でのパフォーマンスが良いのはプライスチェックをしていればわかる。 けど実力は実際どうなるんだろう。 と気になってしまったアブガルシアのロキサーニBF8を買って使ってみました。 アブガルシア ロキサーニBF8 […]

16 レボLC6

関連記事

バス復帰してからはシマノばっか。 最近ダイワが増えてきて。 で、アブいってみました。 アブガルシア レボLC6 新品が激安で売ってました。 中古より安いプライスで。 以前こんな記事を書いてました。 […]

13 Fishing

Concept A

関連記事

みなさん13 Fshingというブランドをご存知でしょうか。 アメリカの新進気鋭バスフィッシング総合メーカーなんですが、このブランドがカッコいいんです。ブランドだけじゃなく製品も。 ツリラクはアメリカのバス釣りYouteberか[…]