【JBトップ50】ウイニングルアーまとめ 【2018年度版】

トッププロが試合で信頼して使うそのルアーはどんなものなのか。

そしてどんなルアーが、優勝を導いたのか。

ウイニングルアー2018を、まとめてみたいと思います。

第一戦ゲーリーインターナショナルCUP 野村ダム

トップ50第一戦は野村ダムで開催されました。

優勝したのはシマノプロスタッフの早野プロでした。

早野プロはどんなルアーを使っていたのか見てみます。

O.S.P ドライブクローラー4.5

 

 

O.S.Pのドライブクローラー4.5インチをカバーネコで使用した早野プロ。

ドライブクローラーのネコリグはやっぱり釣れるんですね…。

ネコリグにというワームは世に色々ありますが、なんだかんだドライブクローラーということなんですね。

ジャッカル ヤミィ

 

 

ジャッカルのヤミィです。

どうやら廃盤なのか、ジャッカルホームページには現在見当たらないヤミィ。

私は一袋持ってますが、無くなったら終わり(T-T)

ボディが曲がって畏怖フリックシェイクとは違い、きれいなストレートボディが特徴のヤミィ。

早野プロはノーシンカーで使用したそうです。

ジャッカル メディス

 

 

これまた廃盤なプロダクトである、ジャッカルのスピナーベイト、メディス。

かつて山木プロがジャッカルで手掛けた、名作スピナーベイトであるメディス。

復刻はないよなーというプロダクトなので、中古で見つけたら飛び付きたいです♪

第二戦ベイトブレスCUP 北浦

北浦で開催された第二戦を制したのは、篠塚亮プロ。

どんなルアーで北浦を制したのか、ウイニングルアーをチェックしてみます。

reins エコリトルレインズホッグ

 

 

reinsのエコリトルレインズホッグで初日のビッグフィッシュを手にしたという篠塚プロ。

7グラムのダウンショットで使用したそうです。

水押しの強そうなアームに、フォールでしっかりアピールする触角が特徴のリトルレインズホッグ。

reinsのスワンプやGテールサターンはよくお世話になってるので、次はこれをチェックしてみよう。

reins 3″ヘビーレインズスワンプ

 

 

お次は同じくreinsのヘビーレインズスワンプの3インチ。

高比重モデルなスワンプです。

これをノーシンカーで使用した篠塚プロ。

ナチュラルかつ不規則なフォールが魅力のワームです。

ラッキークラフト RC1.5DD

出典:ラッキークラフト

ラッキークラフトの名作クランクベイトRCシリーズのディープダイバー、RC1.5DD。

アメリカでも日本でも、やっぱりRCなんですね!スクエアビルだけじゃなくDDモデルも買わないと…。

なんですが、なかなかDD売ってないんですよね・・・。

第三全然東レ・ソラロームCUP 七色ダム

七色ダムで開かれた第三戦を制したのは、若き藤田京弥プロでした。

藤田プロのウイニングルアーをチェックします。

BERKLEY 青木虫

 

 

近年本当に多くの虫ルアーが登場しました。

が、先駆け的な存在といっても過言ではない名作虫ルアー、青木虫。

藤田プロは青木虫をチョウチンで使ったそうです。

DSTYLE シェイクシャッド2.5

 

 

DSTYLEのシェイクシャッドも藤田プロのウイニングルアーのひとつ。

ただノーマルではなく、虫チューンが施されています。

ボディ下半分はカットし、ラバーをボディに通して作っているようです。

バスが寄ってきたところ、トゥイッチを入れて誘うという、青木虫とは違う誘い方でバスを獲ったとのことです。

EVERGREEN ボウワーム12インチ高浮力

 

 

浮力あるモデルの12インチボウワームのドリフトパターンでバスをハントした藤田プロ。

ワッキー掛けした12インチボウワームで、やる気ある浮いたデカバスを選んで釣ったのでしょうか。

12インチという長さのワームを浮かせて釣りたい…となるとボウワームですね。

第四戦エバーグリーンCUP 桧原湖

桧原湖で行われた第四戦はジャッカルの西川プロが優勝しました。

西川プロの対スモールルアーは一体なんだったのでしょうか。

ナカタジグ+ブルフラット

 

 

 

ジャッカルのナカタジグにデプスのブルフラットという組合わせです。

常に立ち上がった状態で誘えるというのが特徴のナカタジグ。

トレーラーを立たせて、アクションを入れれば素直に誘いを入れられるという使いやすさが魅力のジグです。

これにギル型ワームのマスターピース、ブルフラットをセット。

なるほどこれでもスモール行けるんですね!

是非試してみたい組合わせですね。

JACKALL シザーコーム

 

 

釣れるワームトークをしたら、必ず出てくるであろうシザーコームもウイニングルアーのひとつでした。

スモールとキャロというのはよく聞くコンビネーションですが、西川プロもシザーコームをキャロで使用。

ピリピリうごく脚がたまらないシザーコーム。

なるほど忘れちゃいけないワームです。

JACKALL メディス

第一戦でもウイニングルアーとなった、メディスがここでも登場です。

二人のアングラーをトップ50の試合で優勝に導くスピナーベイトが廃盤というのはちと寂しい…。

メディス、ラージスモール関係なし!ということで、出会ったら即買いですね(笑)

まとめ

メディス凄い…というのはさておき。

ウイニングルアーを見るのはとっても面白いですね。

自分が使ったからといってバカスカ釣れるわけはないんですが、とっても勉強になりました。

残る第五戦はどうなるのか。

またわかり次第追記します!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!