ベローズギル2.8の生命感、ゆらめき、うごめき、独特につき。

ジークラック ベローズギル2.8

使ってみたかった、「ベローズ」シリーズ。

深いベロンベロンなリブが特徴的で気になってました。

近年人気な、というかもう立派に確立されたギル型ワームというジャンル。

そのジャンルの中でも異色感あるベローズギル2.8を使ってみました。

S.A.Fマテリアル

ジークラックオリジナルのS.A.Fマテリアルで出来たベローズギル。

ソルトのS。

アミノ酸のA。

フレーバーのFでS.A.F。

塩とアミノ酸が入ってて匂いはガーリック。

モグモグ美味しいマテリアルです(バスにとって)。

ベロベロなリブボディ

ベローズギルという名前の通り、ベロベロなボディデザインは異彩を放っております。

リブが水を噛んでいるからか、フォールはかなりスロー。

2.8インチながらボリューミーなのですが、とてもゆっくりフォールしていきます。

リブが生む、独特のウネリは魅惑的。生命感あります。

ベイトフィネスでも

リブが水をはらむので、ベイトフィネスタックルでもかなり投げやすいベローズギル。

2.5グラムのテキサスで使ってみましたが、キャスタビリティGOODでした。

フォールについて

ギル型ワームというと、スパイラルフォールやスライドフォールなんていうワードが出てきますが、ベローズギルは割りと素直なフォール。

上にも書きましたが、ブレーキがしっかりかかっている印象でした。

ジカリグやジグトレーラーに

テールのプルンというアクションが魅力的なベローズギル。

ロッドアクションにキチンと反応してくれるボディなので、リーダーレスダウンショットやラバージグの具にして、ボトムをじっくり探るのに良いじゃん、と思ったり。

おかっぱりではジグやジカリグの具で使いたいですね。

琵琶湖では、スモラバトレーラーにして使うなんていうやり方も。

2.8インチというサイズなので、確かにスモラバもいいですね♪

スメルズライクペペロンチーノ

ベローズギルの匂い、結構強烈です。

ニンニク臭がすごいです。

何かに似てるなーとおもったんですが、あれです。

ペペロンチーノです。

アメリカの記事かなんかで、ニンニク臭が効くというのを見たような。

コーヒーのスメルなんかのフォーミュラもあるんですよね、そういえば。

バスもニンニク、コーヒー好きなのかな。

まとめ

べろんべろんでニンニクなベローズギル2.8でした。

テールの形や深いリブはギル型ワームの中でも特異ですが、とにかく釣れそう。

今後もっと使い込んでいきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

 

最新情報をチェックしよう!