ヴァラップスイマー3.3 インプレ。強ロールのリアルベイトフィッシュ。

ボトムアップ ヴァラップスイマー3.3

ボトムアップのヴァラップスイマーにニューサイズ、3.3インチがでたということで手を出してみました。

3.3インチというサイズ、絶妙です。

小さすぎ、短すぎという印象はなく、かつデカすぎる感じもなく。

アングラーに自信を持たせるなんともなサイズ感です、コレ。

扁平ファットな形状じゃない

出典:BOTTOMUP

シャッドテール系のワームは、ノーシンカーで泳がせるとグルグルひっくり返ってしまったり、バランスを崩しやすい・・・ということから「扁平」なシェイプデザインにしてそれを防ぐなんていうものがいくつかあります。

このヴァラップスイマー3.3はベイトフィッシュライクなシェイプを維持しつつ、回転しにくいシャッドテールワーム。

扁平じゃなくとも、おにぎり型で腹部にウェイトを集中させることでバランスを保っています。

ヴァラップスイマー3.3のフックサイズとセッティング

自分は#2/0を使いました。

ゲイプ幅が無いとフッキングしないんじゃ・・・なんてことをフックあてがいながら思っていたのですが、ボディに入ったスリットが絶妙でそんな心配ゼロ。

非常にセッティングしやすいシャッドテールワームでした。

ベイトフィネスリールでOK

3.3インチという小さめなサイズなので、スピニングじゃないと投げにくいかなと思っておりました。

ウェイテッドフックやジグトレーラーにセットしないとベイトタックルでは投げにくいんじゃと予想していましたがノーシンカーでもベイトフィネスリールならキャスト可能でした。

ウェイテッドフックを使ったり、ネイルシンカーを入れたりすれば尚キャストしやすくなるでしょう。

アクション

ヴァラップスイマー3.3のアクション、えぐいです。

めちゃめちゃロールが強く、チカチカチカチカと明滅を生みます。

テールのスイングはもちろんですが、強いロールとボディのうねりが独特の生命感を演出。

すれ切ったポイント、水が比較的綺麗なところで是非使いたくなるそんなシャッドテールです。

ボディの耐久性は

フックのストレスが頭部にかかりやすいシャッドテール系ですが、このヴァラップスイマー3.3には頭部に補強が施されております。

このお陰かキャストによる身切れはありませんでした。

が、キャストした際ボートにヴァラップスイマーを当ててしまいテールが行方不明に。

なるほどこのソフトさ、繊細さが魅惑のアクションにつながっているんですね。

まとめ

ヴァラップスイマー3.3についてでした。

ノーシンカーでも扱いやすいのが非常にありがたいワームでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!