【キャラメルシャッド 4in】釣れると噂のスイムベイトの泳ぎ&セッティング。

一誠 キャラメルシャッド 4インチ

キャラメルシャッド

入り数 フックサイズ
6 #1/0~4/0

シャッドテールワームも大好きです、ツリラクです。

一誠のキャラメルシャッド、リリースから大分経ちますが「釣れる釣れる」といい噂はよく聞いてました。

4インチというニューサイズが出たので、4インチでキャラメルデビューや!!ということでレジへGO。

ハートランドも一緒に連れて帰りたくなるも、それは無い、それは無い、それは無いぞと、全然違うこと考えるようにして何とかしのぎました。

ムラカミスペシャル

キャラメルシャッド ムラカミスペシャル

パープル?藍色?なんとも言えない絶妙な2トーンカラーのムラカミスペシャルを選んでみました。

ホワイトパールっぽさもあり、鯉っぽいような、ギルっぽいようなナチュラルさがありながら、濁りでもシルエットがはっきりする強めなカラーです。

あ、ナチュラルプロブルーがおしゃれになった的なカラーっていったらいいのか!

あーだこーだいいましたが、村上さんが自身の名前を付けちゃうカラーだから買いました、っていうのがミーハーツリラクのらしいところ。

ネイルシンカーは刺すべきか

キャラメルシャッド ネイルリグ

まずはノーシンカーで投げてみました。

先に結論を言うと、ネイルシンカーをボディに刺して使った方が個人的には好きです。

使いやすさもアップします。

上の写真はボディ中央付近に0.9gのネイルシンカーを刺したものです。

泳ぎの安定感がかなりアップしました。

キャラメルシャッド ネイルシンカー

次は頭側に同じく0.9gのネイルシンカーを刺してみます。

個人的には一番この位置がいいような感じ。

頭の方(刺すのは腹側に水平で)に刺すと、ボディ後方の揺れとテールの揺れがより強くなる印象でした。

フックサイズを小さめにして、かつネイルシンカーを頭の方に刺すことでボディ全体を動かせるセッティングになります。

キャラメルシャッドのアクション

テールの形状は、ブーツのような形状です。

水を受ける面はそこまで大きくありません。

シャッドテールワーム(スイムベイト)なので、尻尾をフリフリというのは当たり前ですが、そのテールのフリフリは割とワイド&ブルブル

ボディカラーが左右に2トーンという珍しいカラーリングで、これには意味があるのかな、なんて思っていたツリラク。

泳がせてなるほど、ロールが若干交じっているのがよくわかるではありませんか。

フラフラロールしながらも、ボディがクネクネバタバする絶妙なバランスと塩梅。

シャッドテールワームも奥が深いぞ・・・。

針持ち

針持ち悪いかなぁ、と予想しておりました。

ネイルシンカー色々刺したり、フックも何度か刺し直したり、割とダメージを与えている状態でオーバーハングにスキッピングでぶち込みまくってみました。

が、あれ。意外と大丈夫。

スキッピング下手なんで、叩きつけるようなキャストになったり、枝に引っかかって引っ張ったりしたんですが致命的なダメージは無し。

針持ちが良さそうな感じはしないけど、簡単にはやられない、ちょっとほっとするマテリアルでした。

まとめ

一誠のキャラメルシャッド4インチでした。

ネーミングもリブも泳ぎもたまらないっす。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!