【JACKALL】反則サイズ登場。ファイボス3インチ使ってみた。

ジャッカル ファイボス3

派手な人気はないけど、釣りうまさんが使ってる印象のあったファイボスシリーズ。

そのファイボスシリーズに3インチの末っ子サイズが登場しました。

デカいのは気が引けるよなあという人にも嬉しい、ダウンサイジング版ファイボス3。

パッケージもおニューなデザインになりました。

バルキーなアーム

ファイボスらしいバルキーなアームはそのまま。

肉厚なアームがどしり。

サイズ小さくなっても、アピール力は落とさない!という感じでしょうか。

横倒れしないわけではないですが、ボトムで横になりにくいのもこのバルキーな爪のおかげでしょうか。

[ad]

薄々ボディ

バルキーなアームとは対照的な薄いボディ。

フッキングの邪魔にならないような薄々ボディもファイボスの魅力です。

フックサイズ

フックサイズは#1もしくは#1/0

#1を使ってみましたが、ドンピタリっていう感じでした。

フックポイントを隠せる盛り上りは、オリジナルと同じように引き継がれています。

リーダーレスダウンショットで

ウィードの上に乗せたり。

隙間から真っ直ぐ落としたり。

そんな風に使ってみようということで、ライトテキサスで使った後、リーダーレスダウンショット(3.5グラム)にして使ってみました。

(ジャッカルの川島プロの真似)

バサロ?

話はちょっと変わりますが、ドライブビーバーはフォール時やスイミング時に見せるバサロアクションが魅力。

このファイボスもアームとボディにくねりが入りそうなそんなデザイン。

リーダーレスダウンショットのストレートフォールでどんな動きをするか眺めると、おお。

ドライブビーバーほど明確なバサロアクションではないですが、ちょっとくねる様な動きを見せてくれました。

ボトムをズルっとした時は腕が軽く開いて閉じるような動きも。

それぞれ激しくわかりやすい自発的アクションではないですが、なるほどこれは釣れそう。

ネコリグ

ネコリグもオススメというファイボス3インチ。

どんなフォールを見せてくれるのかこれは今後チャレンジしてみたいです。

ロッドアクションに素直な反応をしてくれそうなボディデザインなので、ネコリグは確かに面白そうですね♪

小さすぎないのが良い

小さければ釣れるというわけじゃなく。

ある程度のボリュームがあることで、何をやってるかイメージしやすく、操作性も損なわない

かつ小さめのバスも口を使える。

そんな「ちょーどいい」サイズのファイボス3。

ライトリグが苦手・・・な意識が最近あるワタシ。

扱うワームが小さすぎると、魚を寄せられないイメージがあったり、どんなスピードで落ちているのか等、水中のイメージが湧きにくいのが問題なのかもと思ったり。

この3インチサイズはそういう感覚も少なく、程よい使い心地があっていいなと感じました。

これはロングセリングになるかも。

まとめ

ファイボスのニューサイズ3インチを使ってきたという記事でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!