カエラS2ビート。音、光、波動の3つでしつこく誘う片岡的蛙。

ジャッカル カエラS2ビート

ジャッカルにはガバチョ、スピンガバチョ、カエラというフロッグがあります。

タイプを大きく分けると、ガバチョシリーズが「ポッピング」系。

カエラはスタンダード寄りのフロッグ。

そんなスタンダード系フロッグのカエラにチューンドモデルが登場しました。

チューンを加えたのは、今アメリカで大活躍中の片岡プロ。

投げやすく、移動しすぎない、素人でも使いやすい味付けにしたというのがS2ビートなんだとか。

ちょっと特徴を見ていきます。

浮き姿勢

出典:JACKALL

浮き姿勢は「立ち姿勢」。

フラットに浮いていたオリジナルのカエラと違い、お尻が沈むように設計されています。

立ち姿勢にすることで、移動距離を抑え、細かくしつこく誘えるように。

ツインブレード

オリジナルのカエラにはなり、ツインブレード。

フラッシングによる視覚的アピールだけでなく「サウンド」も発生。

二枚のブレードが擦りあい、音を生みます。

音、フラッシング、そして波動。

この三つでバスにアピールする「強いフロッグ」がS2ビートなんですね。

重量UPでキャストしやすくなるのも嬉しい副産物。

赤ガエルパターンかブラックバードか

選んだカラーは「ブラックバード」。

ブラーックバードフラーイ、ブラーックバードフラーイ♪

とビートルズのブラックバードを口ずさんじゃうそんなカラー。

メキシコで流しのミュージシャンが、乗り込んできたバスでブラックバードを唄ってたのを思い出す、そんなカラー。

ネーミングで選んじまったぜ、って話なんですが、「フロッグ」的には理にかなったカラー。

くちばしがチャートで視認性GOOD。

ブラックボディはバスからの視認性がGOOD。

バスにも僕にもばっちり見えるぜ!なカラーなんですね、ブラックバード。

房総の赤ガエルパターンがあるとかないとかいう話から、赤ガエルカラーでも悩んだり。

クリアなカラーも欲しくなったけど。

それでもやっぱりブラックバード。

カエルなのにブラックバード。

おめめがブルーなのも好き。大事にしよっと。

ガバチョとカエラS2ビート

ジャッカルのガバチョも好きなツリラク。

好きな理由は「操作性」の良さ。

ポッピングが得意なガバチョですが、首振りも非常にしやすい印象です。

飛沫を上げ、ネチネチも誘えますがスピーディに誘おうと思えばそれも可能。

ガバチョでスピーディに探り、ここぞというときはS2ビートでねちねち。

そんな感じで使い分けようかな。

アクション動画

カエラS2ビートのアクション動画です。

ぴょこぴょこお辞儀しながらダイブするカエラS2ビート。

移動距離の短さがよくわかります。

まとめ

片岡プロの手掛けたカエラS2ビートについてでした。

あのウィードエリアで投げ倒そう。頼む、S2ビート。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!