【ジャッカル】スピンビドー70SP インプレ。鮎も釣れる生命感。

ジャッカル スピンビドー70SP

【ダウズビドー90SP】良く飛び、良く巻け、良く跳ぶ。

なかなか見かけない、すぐ売り切れちゃう人気ルアーの一つダウズビドー。

そのダウンサイジング版が誕生。

釣れる釣れると噂のダウズビドーがスピニングでも扱えるサイズになりました。

マルハタダークサンダー/クリアーシルバー

選んだカラーはマルハタダークサンダー/クリアーシルバーというカラー。

ジャッカルのワームにもよく採用されているジャッカルの割と定番なカラーです。

ちょっと保守的なカラーセレクトになっちゃいましたが、釣れそうだから仕方ない。

よく見ると鮎っぽいカラーなんですが、先に言っちゃうとこのスピンビドーで鮎が釣れました(笑)。

写真を撮ろうと思ったらオートリリース、という残念過ぎる事故が発生しましたが、友釣りってこういうこと?てかこのカラーすげぇ・・・という経験に。

長さ

カキプロSF-70。ミノーのマジカルナンバーは「7」。

ボディレングスは70mm

70mmは「釣れる長さ」という話を世界のT.Namikiさんから聞いたことがあります。

70mmだから反応する、という話も聞いたことがありますが果たしてどうでしょうか。

程よく育ったワカサギ等のベイトフィッシュにマッチしたサイズ感であるのは間違いなしです。

自重

スピンビドーの重さは5.2g

ベイトタックルではちょっと投げるのが厳しそうな重さですが、スピニングならよく飛ぶ重さです。

自分はベイトフィネスリールで使用してみましたが、ベイトフィネスなら扱える重さでした。

大遠投は厳しいけれど、近距離をびしびし撃っていくには十分という印象です。

アクション

アクションはタイトかつハイピッチなロールアクション。

ピリピリピリ!とかなりハイピッチに動いてくれます。

オリジナルのダウズビドーのようなするするー!というナチュラルな動きがしっかり継承されている印象です。

レンジコントロールしやすい

潜行深度は1.2m。

かなり浅いフラットで使ってきました。

ボトムにあたっても大きく飛び跳ねることなく、扱いやすさが目立ちました。

竿をちょっと高めにして巻けばボトムに当てずに引いてこれるので、任意のレンジを引きやすいのが非常に嬉しいポイント。

無理に浅いレンジを引っ張っている感覚弱く、自然に中層を引いてこれます。

高速引きもOK

高速引きもOKなスピンビドー。

流れがあるところではちょっと飛び出しやすかったり、流れに負けてしまうこともありましたが、特に特殊な状況でなければ結構なスピードで巻いてもしっかり泳いでくれます。

まとめ

ジャッカルのスピンビドー70SPについてでした。

レンジを自分で調節しやすいので非常に使いやすいルアーです。

鮎の写真・・・ジョイクロ70くらいの鮎でした(笑)。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!