マキサスブレードはブレディの代わりになるか。ブレディと比較。

デコイ マキサスブレード

デコイから、アンダースピン的フックが出てました。

ザップから出ている、秦プロが生んだブレディ的なといったら…まあでもそうだから仕方ない。

そんなアンダースピンタイプのフックでございます。

ブレディやばし

マキサスブレードの話で出すのはあれですが、ブレディすごいんすよ。

釣ってないのにすごいってのもですが、小さいお魚がめちゃめちゃ寄ってくる。

そしてついてくる。

でもなかなか売ってない…最近ちらほらみるけどなかなか売ってないんす。ネットではちょいちょい売ってるっぽいですけどね。

ということで、手軽に買えるマキサスブレードをゲトしてみたのです。

ウィロータイプのゴールドを選んだのは持っているブレディがシルバーのコロラドだったから。

ブレディと比較

ということでブレディと比較します。

自分のマキサスブレードは1.8g。ブレディは0.9gです。

まきまきするコイルの形状は色は違えど似てます。

違う点と言えばブレードとシンカーですが、ブレードはさておきシンカーの仕組みが大きく異なってますね。

あ、ともにサイズは#2のフックです。

シンカーは「動く」

このマキサスブレード、シンカーの部分がトレーラーフックを止めるゴムで止められています。

ゴムの位置をずらせば、シンカーの位置を変えることも。

バックスライド気味に使う、なんていうこともできちゃうわけですね。

ただ心配なのは「ズレ」。

がっつりストッパーで挟んで固定しても、ズレちゃって動きに影響が・・・なんていうこともありそう。。。

むしろクリアランスを作って、自然にシンカーが下を向くようにした方が良さそうな。

この辺りは実際に使ってからまた追記します(^_^;)

ブレードは外せない?

このブレード、ブレード自体はもちろん外せるのですが、ブレードをつけるカラビナが外せません。

これが外せるとちょっと嬉しいですよね。

デコイにはブレードが色々あるので、カラーを変えたりコロラドに変えたり等できるのは楽しいところです。

マキサスブレード装着例

マキサスブレードにワームをつけてみました。

これはスイングインパクトの3インチ。

3インチで細身ながら、ブリブリテールを震わせるシャッドテールです。

♯2のフックサイズだと、3インチもしくは3インチないくらいのワームがいい感じなんですね。

リズムウェーブの2.8インチも今度つけてみよう。

まとめ

デコイのマキサスブレードでした。

シンカーがややこしいことなければ、これリピートしちゃうかも。

使ってみてまた追記します!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!