20ゾディアス登場。変更点と気になる番手をまとめてみる。

20ゾディアス登場。変更点と気になる番手をまとめてみる。

黒田健史プロのブログからお借りしました

ゾディアスが2020年、リニューアル!という情報がついに解禁となりました。

開発に携わっていた黒田プロの記事を読んでいただければそれでOK、と思います(笑)が、興味津々なので変更点等を簡単にまとめたいと思います。

黒田健史の「いろはにほへと」

第一弾で20メタニウムをUPしましたが第二弾はロッドです。 リールと同様、自分自身が開発に携わったものの紹介で……

20 ZODIASは軽い

20ゾディアスは初代ゾディアスに比べ「軽い」というのが一つ目の違いです。

黒田健史プロのブログからお借りしました

ロクテンのミディアム、1610Mという番手で見ると、20ゾディアスだと2ピースだと107g。

1ピースは110g。

初代ゾディアスのロクテンミディアムは115gなので、1ピースでも2ピースでも5g以上の軽量化となってます。

2ピースの方が軽いというのが興味深いですね。

自分も愛用している初代264UL-Sは20ゾディアスも同じ90g(1ピースは92g)と、軽くなっていないモデルもありますが、大幅に軽くなっているもの(170M-Gは-20gの120g!)もあります。

カーボン含有率

初代ゾディアスと異なる点2つめはカーボン含有率。

カーボン含有率が高いとどう、というのは釣りフェスティバルで是非シマノの人に聞いてみたいポイント・・・ということで素人の自分にはよくわからない世界ではあります(;’∀’)

ゾディアスより少しプライスレンジが上に位置するエクスプライドにはカーボン含有率100%のものが多いです。

カーボン含有率100%だからなのか、しゃっきりシャープな印象があるのがエクスプライド。

カーボン含有率100%ではなかった初代ゾディアスはむっちり筋肉質なイメージ。

そんな風に思っておりました。

使用されるカーボンの弾性だけでなく、ガイドうんぬんでもフィーリングが変わるというこれまたディープなロッドの世界ですので、含有率ひとつでしゃっきりかどうかというのは違うのかもしれません。

が、もしかすると20ゾディアスは初代よりしゃっきり系なのか。

軽さもあってシャープな使用感になっているかもですね。ここも釣りフェスティバルでチェックしたいと思います。

20ゾディアスにはカーボンモノコックグリップが

ポイズンアドレナやポイズングロリアス、ポイズンアルティマ等に採用されていたカーボンモノコックグリップが採用となった20ゾディアス。

高級機に搭載されていた、軽量かつ感度UPをもたらすカーボンモノコックグリップが・・・ゾディアスに・・・というのは衝撃のニュースですね。

カーボンモノコックグリップがいかがなものなのか、気にはなっていたよねというアングラーは多いはず。

ゾディアスという低価格帯でカーボンモノコックグリップが味わえるというのはたまらないですね。

気になる番手167M-S

黒田健史プロのブログからお借りしました

黒田プロのブログに紹介されていた「167M-S」という番手。

6フィート7インチという数字が見慣れないというのはさておき、「S」という文字が気になるわけですが、そう。

ソリッドティップ採用のベイトモデルが登場です。

ソリッドティップのベイトロッドが1本欲しいなと思っていまして、ダイワのリベリオンにあったらそれ行っちゃおうと思っていたくらい密かに期待していたソリッドティップ。

フィネスよりの味付けで、「水中の変化を視覚的に感知する」というソリッドティップが一体どんなものなのか、巻物にはどうなのか、おかっぱり1本に持ってこいなんじゃないかとか、期待でいっぱいの一本です。

初代の大ヒット番手、170M-Gというグラスコンポジットモデルも気になります。

グラスロッドでありながら120gという軽さですからね・・・グラス大好きっ子のツリラク、気になっちゃうに決まってます。

まとめ

20ゾディアスについてでした。

なんの独自性もない記事でもうしわけありません(汗)。

20ゾディアス167M-Sはそっこーゲットしたいと思います。その前に釣りフェスティバルでチェック!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!