【レボLC6インプレ】何でもしてくれる気持ちいいリールだった。

バス復帰してからはシマノばっか。

最近ダイワが増えてきて。

で、アブいってみました。

アブガルシア レボLC6

新品が激安で売ってました。

中古より安いプライスで。

以前こんな記事を書いてました。

 

レボ【LC6】【LV7】が軽くて握りやすくて。「1個あると万能」感が魅力。

 

だから連れて帰ってきちゃったんです・・・。

フックキーパー付き

少し、ボディを観察しましょう。

ぼやけてますが、フックキーパー付きです。

無くてもいいようで、あったらちょっと嬉しいというか使っちゃうこちら。

オフセットフックもかけられるのが嬉しいです。

メカニカルキャップのアブの紋章も嬉しい。

マグネットブレーキ

マグトラックスIIIというマグネットブレーキシステムです。

サイドプレートを外すとこんな風にマグネットが入ってます。

お好みで外せるんですが、まだ外して使ったことはありません((;^_^A

 

使ってみた

早速使ってきた感じを簡単に書いていきたいと思います。

マイクロポンパドール

マイクロポンパドール投げてみました。

まぁまぁ投げれて「おっ」となります。

マイクロポンパドールの重さ6.5g。

気持ちよくはないけれど、行けました。

レベルバイブ

レベルバイブは当たり前に飛びます。

32mm径のスプールなので、軽めのものにハイレスポンスなレボLC6。

レベルバイブとなると、回転しすぎるかなと思いましたがフィーリングは悪くなかったです。

ポップX

ポップXも投げてみました。

1/4オンス(7g)のポップX。マイクロポンパドールとわずかな違いですが、投げやすかったです。

スピンガヴァチョ

スピンガヴァチョはちょっと左に引っ張られる感がありました。

スピンガヴァチョは6.2gなんで、そうマイクロポンパドールと変わんないはずなんですが、わずかな違いで気持ちよさがだいぶ変わります。

スティーズスピナーベイト

3/8オンスのスティーズスピナーベイトは「すーっ」と気持ちよく飛んでくれました。

実際は3/8オンス以上あるスピナーベイトですが、グッドフィーリングでした。

Hitワーム

マックスセントのHitワームをジグヘッドで投げてみました。

2.6gのジグヘッド+Hitワームなんで、6gくらいでしょうか。

Hitワームの自重がわからないので不確かな話ですが、明らかにマイクロポンパドールや、スピンガヴァチョよりは軽いです。

キャストすれば方向が定まらず、投げにくさは否めない・・・。

けど不思議なのがピッチング

近場を撃つのにストレスをあまり感じませんでした

近距離のライトテキサス、スモラバ(重め)、ヘビーネコ撃ちができるのは嬉しいです。

 

巻き心地

LC6より高級なアブリールを巻いた時、ルアーを実際に巻いているわけではないのですが、LC6より「感度」よさげな感じがしてました。

LC6のハンドルには、あと2つベアリング追加できるみたいなので、その違いなのかなーなんて思っていました。

が、実際釣りで使ってみれば別にそこまで気になるほどではなく。

巻いていて、感度が悪いとか巻き心地が悪いとかいうのは感じませんでした。

ちょっと気になったこと

実釣時には気になりませんでしたが、ブレーキ側のサイドプレートが若干ズレるのが気になりました。

強くホールドするとズレることがあり、使ってたら気になるかもとちょっと心配でした。

軽い

レボLC6の自重は166g。

かなり軽く感じます。

ブラックレーベル681MRBという140gのロッドと合わせて使ってましたが、疲れることなく振り続けられました。

手元がかなり軽く感じられるので、お子さんや女性の方にもいいリールかもしれません。

かなりロープロファイルで、握りやすいのもGOODです

総じて

他のロッドに合わせたり、色んなルアーを投げ込んでみたらもっと違う顔が見えると思いますが、数回使用してみた限り、かなり使いやすいリールだと感じました。

おかっぱり一本で、ちょっと小さめのルアー投げることが多いかなーなんていうとき。

ロッドはミディアムパワー一本で釣りしようかなーなんていうとき。

そんな時に使いたいリールかなと思います。

あ、そうそう。

付属でリールの袋がついてきます。

これもあると嬉しい、使っちゃうやつです。

まとめ

アブのLC6についてでした。

個人的にかなり気に入りました♪

使い込んでまた何か感じたら追記したいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

 

最新情報をチェックしよう!