SLX DCとSLX XTがアメリカで登場。US版の進化とは。

Shimano SLX XT

USシマノからSLX XTが登場です。

SLXのMGL版ではなく”XT”。エクストラチューンドなXTですが、一体どんな素顔なのか。

SLX XTは進化したSLX

SLX XTはオリジナルSLXに色々進化を与えたバージョンという感じ。

変更点は以下になります。

変更点

US版SLXに採用されているのは「ハガネボディ」と旧型の遠心ブレーキ。

SLX150というニューベイトリールがUSシマノで誕生。ロッドも合わせて。

日本のSLX MGLと比べるとちょっと残念な感じですが、アンダー1万円というプライスレンジなので仕方なしといったところ。

SLX XTは、

SVSインフィニティに進化、そしてベアリングでスプールを支持するスパーフリースプールに、アルミ製の精度の高いS3Dスプールが採用。

明らかにXT(エクストラチューンド)となっております。

ラインキャパシティやギア比ラインナップ等は変更なし。

ベアリング数が一つ増えているのと、重さが204gになり約10g重くなっています。

SVSインフィニティ化したことにより、パーミングカップのデザインがSLX MGLのものと同じ感じに。

レベルワインド下、ラインガードの装飾も追加され、MGLっぽさが出てますね。

Shimano SLX DC

お次はSLXのDCモデル。

SLX MGLベースで来年は日本にもDCモデル追加!?というのを臭わせるような登場。

見た目はどれも変わらないような・・・でも中身はどうなんだということで、ちょっと見ていきます。

SLX DCの特徴

SLX DCにはスーパーフリースプール、S3Dスプールが搭載されています。

これはSLX XTと同じ。

搭載されるDCブレーキはI-DC4というDCブレーキ。

クラドDCが登場!全米が震撼したクラドにDCが!

昨年登場したクラドDCにも搭載されているのがI-DC4。

日本のスコーピオンDCに搭載されているのはI-DC5なので、オールド版のDCブレーキになります。

アメリカのDCにはI-DC5搭載しないのか、お値段抑えるために旧モデルにしているのか。

その辺りどうなんでしょう。

ボディサイドパーミングカップ側はこんな感じ。

ラインガードの装飾はなさそうです。

ギア比は6.3:1のノーマルギアに7.2:1のハイギア。そして8.2:1のエクストラハイギア。

この辺りは無印SLXと同じです。

自重

SLX DCの自重は7.6オンス。

約215グラムです。

ベアリング

ボールベアリング&ローラーベアリング数は合計で5つ。

SLX XTとここは同じです。

動画

若者たちがSLXを持ってバス釣りに行くとうイメージビデオなんですが、ちょっとカッコいいっす。

DCブレーキのあのキーンというサウンドも出ているのがこの動画で分かります。

お値段いくらくらいになるのか、わかり次第追記したいと思います。

まとめ

新しく発表になったSLX XTとSLX DCについてでした。

若者をターゲットにしているんですね、SLXは。若者でも手に取れるDC機。

日本にもそういうDC機は出てくるのかな?

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!