Megabass i-WING FRY インプレ。水面をフィネスに掻き回す。

  • 2020年7月17日
  • 2020年7月17日
  • MEGABASS

Megabass i-WING FRY

i-WING FRY

自重 全長 フックサイズ
3/8oz 66㎜ #6

非常に人気のあるジャンルである「ハネモノ」と呼ばれるルアーたち。

2020年、メガバスからこれまた良く売れちゃいそうな「ハネモノ」ルアーが登場しました。

その名もi-WING FRY。

「クレバーフィッシュを一撃必中でバイトさせる」トップシークレットルアーがこのi-WING FRYということで、道具バサーツリラクも一撃必中させたい!と思ったのでした。

PAGANI RAIGYO

アイウイングフライ

選んだカラーはPAGANI RAIGYOというカラー。

雷魚でありながら、セミ感ある不思議。

腹部のクラックパターン、かっこいいんす。

パープルがうっすら。

細かい仕上げ、カラーリング、デザイン、雷魚のかわいらしさ、これにやられちゃいました。

i-wing fry

つぶらな瞳にも惚れちゃって、まさに一撃必中でした。

メガバスってほんと・・・。

GRAND SIGLETTとi-WING FRY

セミ感あるからGRAND SIGLETTとi-WING FRYを並べてみました。

i-wing fry  grand siglett

GRAND SIGLETTのセミ感たまんないなーというのはさておき。

羽根の質感や開き具合はかなり近いです。

羽根の重さや形状に違いはありますが、両者ともに水面でのピチャピチャ具合はかなりフィネシーです。

POPXとi-WING FRY

はじめてi-WING FRYを手にしたとき、あれ、何かに似てるぞ、と思った私i-wing fry popx

ボディ全体のサイズ感、背中やボディのシェイプ、デザイン。

そう、POPXそっくりだったんです。

写真ではちょっと伝わりにくいかもですが、背中からテールにむけたカービング等、似てるところいっぱい。

衝撃的な人気を誇ったPOPXの血を引くハネモノと言って良いかはわかりませんが、POPXにかわる大人気ルアーになってほしい、POPXと同じようによく釣れるルアーになってほしいという願いが込められている。

そんな風に思ったのでした(え、どゆこと。

i-WING FRYのアクション

アクション動画を撮ってみました。

ピチャピチャピチャ、水面をハイピッチにかき回すただ巻きアクション。

水面をたたく音は激しくなく、かなりフィネスなサウンドを奏でます。

羽根の開きからも想像できると思いますが、巻きスピードはミディアムから気持ち速めがいい感じ。

対応速度域はそこまで広くない印象なのが正直なところです。

ロッドアクションを入れれば首を振りながら泡をたて、生命感あるフィールドで見られる単発小魚ジャンプが演出できたり。

飛距離

i-WING FRYは3/8ozあるのでどんなベイトタックルでも扱えますね。

シャフトベアリングバランサー内蔵で気持ちよく飛んでいきます。

シルエット小さくも、よく飛んでくれるので、タックルが限られるおかっぱりアングラーには嬉しいですね。

まとめ

i-WING FRYについてでした。

とってもかわいい雷魚ちゃん、この子で水面ドゥッバーン!!やりたいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!