フラッシュユニオンで秋冬を乗り越える。フラッシュユニオン製品3選。

フラッシュユニオンの藤木さんとバサクラでお話ができたのが凄く嬉しかったツリラクです。

 

正直なところ、フラッシュユニオンの製品を今まで所有したことがありませんでした。

 

理由はシンプルで、近所の釣具屋さんにたまたま置いていなかったから。

 

バサクラでくじ引きをし、やっと欲しかったユニオンクローとユニオンスイマー155をGETすることができました。

 

ルアーの試し投げもさせていただきまして、その時に色々感じたこともありましたので今日はフラッシュユニオンの製品をまとめて紹介していきたいと思います。

 

ユニオンスイマー155

 

長さ 155mm
重さ 42g

 

フラッシュユニオンを代表するスイムベイト、ユニオンスイマー155です。

特徴

・フローティング

・「スティンガーステップダウンテール」

・「インナースーパーコア」

・「フックホールドシステム」

 

このスイムベイトの釣果写真を藤木さんに見せていただきました。

バケモンのようなスモールもシーバスも鬼のように釣れていて本当に驚きました。

「80㎝を超えるシーバスを20匹釣ったら壊れるかな」という「フックホールドシステム」にも驚きです。

 

藤木さん曰く肝は「止めること」だそう。

 

キャストしてポーズ。

 

ジャークで潜らせてポーズ。

 

浮かせることと、沈まずに止めておくことでバスがばこーんと食ってくるんだとか。

見せていただいた写真には口の中奥深くにこの155㎜のスイムベイトが入っていて、本気食いしているのがわかりました。

 

低水温でも効くルアーというお話もありました。寒くなっていく秋、そしてがっつり寒い冬でも強気で使っていきたいですね。

 

ユニオンクロー3.2

このクローワーム、ずっと欲しかったんです。

まずこのデザインに惚れてしまったというか、いかにも釣れそうな本物感ありません?

 

藤木さんに解説していただきながら水中の動きを見ましたが、泳がせた時の爪がすごいです。

「シャッドテールなんだよね」という爪の動きは激しく、ツートンカラーのグリパンチャートが激しい明滅を生んでいました。

 

 

ノガレスのボディショットを使った「キンテキ」リグのテキサスは根がかりに強く、かつボトムでザリガニが威嚇するような姿勢をしっかり保ち、横倒れしにくくバスへのアピールもGOOD。

 

ボディショットを使えばバックスライドも綺麗にしてくれます。

 

 

「キンテキ」については動画で是非ご覧ください。

このボディ、とっても針持ちがいいということです。

ちょっと柔らかくしたいなという場合「ダッシュボードチューン」を加えるといいんだとか。

暑い日に車のダッシュボードにおいておくと身が柔らかくなるんです。

ダッシュボードチューンをしたユニオンクローでより柔らかいプレゼンテーションをし、口を使わない低水温のバスにアピールしてみたいです。

 

フルメタルソニック

ラインナップ:3.5g 5g 7g 10g 14g

 

なんと日本刀を作るのに使われるマテリアルで極細のボディを実現したというフルメタルソニック。

 

極薄のボディで最強のレスポンスを可能にしました。

 

「実際に投げてみて」という藤木さんに従い、試投させていただきました。

 

フラッシュユニオンの千葉さんの指導の下、ほんの少し竿を上に上げてみると、「ブルブルブル」っという気持ちのいいバイブレーションが竿を通して伝わるんです。

 

ほんの少し上げるだけでです。

 

本当に少し上げるだけで、しっかりとした細かい振動をし、かつ小刻みにバスの前をリフトアンドフォールできるんです。

 

これにより、ボディがどう動いてるかよくわからないメタルと違い、水中でのイメージが容易になります。

 

どこをどれくらい跳ねさせているのかわかりにくいルアーでもありますが、こうアクションが伝わってくると、無駄にルアーを上下させなくて済むんですね。

 

ルアーが無駄に上下してしまうと、バスからすれば何がどっかやらやってきて、どこへ消えたかわからなくなります。このメタルバイブは食わせるタイミングを確実に作ってあげることができる超使いやすいメタルバイブなんじゃないかと、そう感じた次第であります。

 

ロストは確かに怖いですが、ボートでの釣りであれば、かつ重いウエイトであれば回収可能なことも多いですよね。

 

この冬はこのフルメタルソニックで魚を獲りたいです。

 

まとめ

フラッシュユニオンの製品は上記の3つ以外にも魅力的なものが多くあります。

 

根がかりに強く、かつ折れないフックを搭載したダイレクションジグ。釣れすぎると話題になったアバカスシャッドもありますね。

 

ユニークなアイデアと確かな実釣性能が備わったフラッシュユニオンの製品。

 

ツリラクも早くフラッシュユニオンの製品でいい思いをしてみたいです。

 

この場を借りてですが、バサクラで誠心誠意お話をしてくださった藤木さんを始めフラッシュユニオンの皆さんにお礼を申し上げ、今日のブログとさせていただきます。

 

冬が来る前になんとかフラッシュユニオンで1匹・・・。

 

Thank you for reading!!

最新情報をチェックしよう!