初代スティーズが気持ちよすぎてダイワファンになりかけてる件

今さらなリールが登場することの多いこのブログ。

今回は最近惚れ込んでいるスティーズ103Hになります。

ダイワ スティーズ103H

もう10年以上前のリールなんですね。

バス復帰後、ダイワリールをそこまで追ってこなかったので、そんなことも知らず(^-^;

そんな初代オリジナルスティーズがすごく使いやすくて楽しくて。

スペック

自重 155グラム
ギア比 6.3:1
スプール径 34mm
糸巻き量 12lb 110m/14lb 90m
ドラグ力 4キロ

V字型のスプールで感じる懐かしさ。

このリール、V字の溝になったスプールが搭載されています。

12ポンド110メートル巻けるので、そこまで浅くはないですが、同じスティーズの100Hというモデルのスプールよりは浅いんですよね。

とにかくボディが軽くて、握りやすくて。

そういう点のストレスはフリーです。

ギア比は一般的な6.3:1巻き上げ長が最大66センチです。

気に入っているところ①

ひとつ目は軽さ。

疲れないですし、とにかく振り抜きやすいのがGOODです。

気に入っているところ②

二つ目は巻き感。

シマノのアンタレスやカルコンのそれとは違う巻き心地のよさ。

軽いけど巻き上げにパワーを感じるというか。

サクサク巻けるというか。

楽に巻いてこれる感じがするのはなんなんでしょうか。

ノーマルギアと呼ばれるようなギア比ですが、それ以上に昇り坂を楽に昇れるような感覚というか。

わけわかんないですが気に入ってます(笑)。

気に入っているところ③

三つ目は、キャストフィール。

アンタレスのヌーンっていう無重力フィールとは違うし、メタマグのスーンっていうのも違う。

ムーンって感じだけどヒューンっていうか。

ふざけてるつもりはないです(-_-;)

飛びます。トリゴン50が簡単に40mは飛びます。めっちゃくちゃ気持ちいいです。

ピッチングもしにくいなんてことはなく、先入観でダイワのマグネットは、なんてことを思ってましたが、あれ?的な感じでした。
[ad]

気に入っているところ④

四つ目は、軽いものもまあまあ投げられるという点。

回転の立ち上がりがいい印象です。

先日足下でまあまあサイズをばらしたとき(涙)は、ウイニングクローの7gテキサスだったんですが、こういうのは100Hの方が気持ちいいのかなぁと思ったり。

あー思い出すと悔しくて泣けてくる。でかいバスが目の前でぐわんとひっくり返って消えていくシーンが忘れられ…

気に入っているところ⑤

五つ目は見た目ですね。

なんで今まで気にしてこなかったんだってくらい今は惚れてます。

気に入らないところ

逆に気に入らないところをお話したいのですが、正直あんまりありませんで…。

普通に使っていればバックラッシュもしにくいし…。

んー。

SVスプール

初代スティーズに対応するSVスプールがあります。

 

 

これを入れるか悩んでるのです。

カラーが赤、オレンジ、紫の3つでして、個人的にはノーマルのカラーリングが好きでして…。

気になるところ

100Hっていうモデルもあるのは先程触れましたが、この100Hのスプールを入れたら100Hになるのか、というのが気になっています。

ボディ側のマグネット等に違いがあるんでしょうか。

ただ入っているスプールのみが違うのか…。

詳しい方いらっしゃいましたらご教授お願い致しますm(__)m

まとめ

とにかく使いやすいオリジナルスティーズ。

軽さが安っぽさに繋がらないグレートなリールでめちゃくちゃ気に入ってます。

このリールのせいで現行スティーズも気になっています。

更には他のメーカーも…。

シマノ以外にも目を向けたくなる、そうさせやがったスティーズ。大事に使っていこっと。

あー、バラさなければ入魂だったのに…。

ということで、スティーズ103Hについてでした!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!