【雑記】ほぼお初な場所の調査&朝練。3月末のバス釣り。

軽く釣りに行って来ました。

結果はもちろん坊主(キラリ)。

個人的なノート(しかも写真ほぼなし)なので、戻るボタンプッシュをオススメします(笑)。

ほぼ初フィールドで

バスがどれだけいるのかわからない、そんなフィールドに足を運んでみました。

雨が降るローライトコンディション。

寒くはないので、少し楽しみな雨だったのですが。

タックル

本日のタックルは先日書きました、バスチャレンジャーにバスワンというセット。

そして16ストラディックにゾディアスの264-ULSというバックアップ。

久し振りのスピニングでした。

ウィードやカバー豊富

水中に何があるのか、何がいるのか歩き回ります。

ウィードが生えたエリアや、ジューシーなカバーがあるので雰囲気は良し。

一通り撃って巻いてしますが無。

水はそこまで濁っていないので、ボトムや泳いでるコイやヘラのぎらつきが偏光越しに見えます。

肝心のバスは・・・なかなか見えないぞ。

ウィードに慣れてない

ウィードの釣りに慣れてない私。

ウィードの中をどう落として釣るか、探ってくるかというのがちょっと苦手。

ウィードのない場所を、マッチザベイト的な感じでK-1 Macを巻いても出ないので、ウィード絡みでスモラバやライトテキサスなんかを入れてもだめ。

ウィードを縦にも横にも貫通できるリグじゃないとダメだったのかなぁ。

ウィードの上を巻物で通してもダメ。

ウィードの勉強しないとな。

反省点まとめ

・キャスト下手。良いとこ送れない。

・ウィードの中、周辺でルアーがどうなってるかイメージできてない。

・ライトリグが苦手。何やってるかわからなくなる。

バサー最新号でロッドワークについて勉強したつもりですが、もっとラインスラックやアクションの入れかたについて練習しないと…。

何もしない方が釣れる、というアドバイスを受けたことがあり、それからは何もしないようにしてきました(ラインスラックやカーブフォールさせるさせないは気にしてます)。

変にアクションを入れたり、変にラインテンションが張ってると釣れないというのを経験し、張らず緩めずは意識するようになったけれど、何もしないっていうのがしんどく…。

そのアドバイスにとらわれてる自分がいるな、と思った朝練なのでした。

まとめ

個人的反省ノートでした。

ライトリグや撃ちもので「狙って釣った!」というのを言えるようなフィッシュを今年は釣りたいなー。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

Basser(バサー) 2019年5月号 (2019-03-26) [雑誌]

Basser(バサー) 2019年5月号 (2019-03-26) [雑誌]

794円(11/19 02:20時点)
発売日: 2019/03/27
Amazonの情報を掲載しています
最新情報をチェックしよう!