【KDW】19アンタレス、オフセットクラッチ(クローム・ブランキングタイプ)の満足感たるや。

  • 2019年5月3日
  • KDW
KDW

KDW 19アンタレス オフセットクラッチ

カケヅカデザインワークスの欠塚さんが、やばいもん作っちゃいました。

先にマイアンタレスに装着した写真をお見せしちゃいますが、これです。

このクラッチが問題作なんです。

写真のクラッチは、クロームボディのアンタレスと合わないわけがないクローム仕上げ。

このクローム仕上げが発表される前に、肉抜きが施されたプロトが発表されておりました。

そのプロトを見た瞬間、「あ、アンタレスかわなきゃ」と思わされたツリラク。

これ冗談でもおべっかでもなく、ガチでそう思いました。

そんなクラッチを、大変ありがたいことに欠塚さんからプレゼントしていただいた私。

今回は装着までの流れと、装着してみての感想を書いていきたいと思います。

19アンタレスのインプレはこちら。

関連記事

19アンタレスをがっつり投げ込んできましたのでその印象、感想を綴ります。 シマノ 19アンタレス アンタレス伝統の大口径大遠投仕様スプールではなくなった19アンタレス。 34ミリの「バーサタイル」よりなスタイルに生まれ[…]

その前に

いざ純正のクラッチを外そうと思い、アンタレスを手に取ると。

ん?

この写真じゃ判り辛いかもしれません。

違う写真で確認してみます。

お判りでしょうか。

クラッチにが入っているんです。

ラインで削れたような傷が二本。黒い樹脂の部分に入っています。

えー、とちょっとショックだった私。でももういい。君とはおさらばだ、と気持ちを切り替えてクラッチ交換に移ります。

(でもなぜこんな線傷が入るんだ・・・)

クラッチ交換スタート

まずはサイドカップを開けて、スプールを取り出します。

スプールが抜けないぞ・・・とちょっと手こずりました。というかアンタレス触るのめっちゃ気使うんです・・・。

外すと、リールシートの隙間からネジが見えます。

これを外します。

ネジを緩めるとこんな感じ。クラッチはすでに外してあります。

ここにKDWメイドのグレイテストクラッチを付けるわけです。

ボディ左側から突き出ている黒い棒があります。

クラッチに彫られた溝にこの棒を入れ込みます。

うまくハマったら、こんどはこの二つの穴にネジを。

これで終了。不器用な自分でも10分くらいでできました。

クラッチ装着完了!

クローム仕様のこのオフセットクラッチ。

ボディとの統一感半端ないんです。

この角度から見ても。

この角度も。

ロッドにつけてみても。

めちゃめちゃカッコいいんですよもう!

一応、純正クラッチを振り返ってみます。

からの。

好き嫌いはあるかもしれませんが断然KDWオフセットクラッチの方がカッコいいと、もうこれは声を大にして言いたい。そういうレベルです。

肉抜きの有る無しが今後選べるということですが、個人的には肉抜き版にやられたタチなので、肉抜きを推したい。

切り心地は

純正に比べて「切り心地」はどうなのか。

KDWオフセットクラッチの魅力の一つ、「切り心地」。

カチャカチャカチャカチャと何度もやらせていただきました。

部屋の中でエアキャストもしました。

まず明らかに違うのはクラッチの位置。

高さが明らかに低くなります。

純正クラッチの位置が高くて~という話を耳にしたことがあります。

そんなに高いかな?高くてどうこうなるかな?と思っていた私。

正直、純正クラッチのポジション問題はよくわかっていませんでした。

ちょっと話は変わるのですが、09アルデバランとロキサーニBF8を家で投げ比べたときのこと。

まずはロキサーニからピッチングをしました。

そのあと09アルデバラン(アベイルスプール仕様)でピッチングをすると、あれ。

若干投げにくさが気になった私。

投げにくいというか、握りにくいというか。というかクラッチの位置が、あれ、これがクラッチの位置問題なのか?という経験をしました。

リールをワンフィンガーで握り、クラッチを切ってサミングしやすいポジションに親指を置き、併せてホールドする。

ロキサーニのクラッチポジションは09アルデバランと比較して低く、上の一連の流れがロキサーニの方がやりやすいという感想を抱いたのでした。

それを思い出し、19アンタレスで試してみるとなるほど。

ワンフィンガーで握りながらピッチング、という流れがしやすいことしやすいこと。

親指に当たるクラッチの感触は肉抜きがありながら滑らかで。

切り心地はストンとこれもまた滑らか。

切ったあとはスプールに触れやすいポジションを維持でき、滑らかにキャストに移ることができる。

それがKDWメイドのオフセットクラッチ

純正にあった独特の触り心地と、親指に触れるエッジの感触といったものが一切ない。

そんな触り心地&切り心地なのです。

ロキサーニBF8のインプレはこちら。

関連記事

コスト面でのパフォーマンスが良いのはプライスチェックをしていればわかる。 けど実力は実際どうなるんだろう。 と気になってしまったアブガルシアのロキサーニBF8を買って使ってみました。 アブガルシア ロキサーニBF8 […]

ネガはないのか

頂いたものなので文句が言えないだろ、と言われれば確かにそう(笑)。

ですがここまで書いたことはガチです。

唯一気になることを挙げるとするならば、クロームの傷って入りにくいのかどうなのか、というところ(笑)。

エイジングを楽しむというのもアリですが、リールに傷つけたくない派の自分はちょっと触るのに神経を使うというか、爪切ってからアンタレス触ろ、クラッチ切ろ的な(笑)。

ブランキング無しのタイプも装着してみた

18バンタムMGL用にと、ブランキング無しのタイプを買ってみました。

ブランキング無しタイプのインプレはこちら。

関連記事

18バンタムMGLと19アンタレス用のオフセットクラッチ、ブランキング有りモデルと無しモデル。 バンタムとアンタレスにどちらも付けてみましたので、その装着イメージとオフセットクラッチのメリットについて紹介します。 KDWオフセットク[…]

結局プレーンモデルをアンタレスに装着。どちらもいいけど、見た目はブランキング有りが好きです。

まとめ

カケヅカデザインワークス渾身の一品、19アンタレスのオフセットクラッチについてでした。

とにかくたまらないクラッチで、欠塚さんには本当に感謝です。

ただでさえ楽しい、気持ちいいというアンタレスがより楽しく、より気持ちよくなるんですからたまらないですよね・・・。

最高のリールに最高のクラッチを。

ぜひお試しを♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!



最新情報をチェックしよう!