【01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチ】涙の復刻。先行インプレ。

  • 2019年11月9日
  • KDW
KDW

01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチ

KDWこと、カケヅカデザインワークスがかつてリリースしていた01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチ。

完売からどれだけ時間が経ったかはリサーチ不足なのですが、幻の名作クラッチと呼ばれる01カルコン用のオフセットクラッチがついに復刻。

恐縮ではありますが、先にカケヅカさんに使わせていただいておりましたので今日はそのインプレをお送りします。

オフセットクラッチって

そもそもオフセットクラッチってなんなんという方もいらっしゃいますよね。

キャストするときカチャカチャやるあのクラッチをカスタムパーツに変える必要があるのかとか、よくわからないだよなっていうのはあると思います。

簡単にメリットをまとめると、

サミングしやすい
耐久性
所有感UP

という3つが挙がると思います。

ネガもあるので、まずはネガについて触れたいと思います。

01カルコンオフセットクラッチは交換がしにくい

欠塚さんのブログよりお借りしています

リールの構造上仕方がないことではありますが、01カルカッタコンクエスト用オフセットクラッチの交換はちょっと大変。

19アンタレスやバンタムMGLのクラッチ交換はネジを外してまたネジでとめるというそれだけなのですが、01カルコン用に関しては、分解が必要です。

ちょっと分解は・・・という方には怖い壁が一枚あるのは確か。

ですが、分解が得意ではないがさつな自分でも交換できたので、踏み出す勇気があれば大丈夫!

欠塚さんがブログで分解組立手順を説明されているので、こちらを参考にしてみてください♪

KAKEDZUKA.com_R

SHIMANO 01カルカッタコンクエストの分解手順を4回に分けて解説してます。今回はその一回目。この年代のカルカッタコ…

サミングしやすい

まずはサミングのしやすさについて。

写真じゃ伝わらないと思いますが、一応写真をお見せすると。

こちらが純正クラッチの指の位置。

こちらがオフセットクラッチの指の位置。

いや、変わんねーじゃんと思いますよね。

写真じゃ確かに伝わりにくいですが、ぜんっぜん指の位置、感覚が違います。

オフセットクラッチの方は、クラッチ切ってないのに、あれクラッチ切ってた?と勘違いするほど位置が低いです。

位置が低いとどうなるかというと、親指の先がスプールエッジに触れやすくなります

イコール、サミングめちゃめちゃしやすくなる

無理なく自然にスプールエッジに触れていられる、触れやすくなる、つまりサミングによるブレーキの微調整が劇的にしやすくなります。これめちゃめちゃいいんですよ。

トラブル減りますし、キャストが上手くなるんです。

ベイトキャスティング初心者がサミングを練習するならオフセットクラッチ。これ本当におすすめです。

耐久性

これは交換前の純正クラッチです。

写真に撮る前あまりにべたべただったので軽く拭き取った状態の写真なのですが、てかっているのがお判りでしょうか。

この純正クラッチ、ラバーの部分の劣化が残念ポイント。

べとべとだけでなく、めくれ上がるという問題が。

01カルカッタコンクエストだけでなく、他のモデルでもこういう事が起きてしまったり。

黄色いお店に行くと、クラッチ禿げちゃってるダメージドリールを見かけたりします。

またS社のクラッチは酷使しているとボキッと破損してしまうこともあるんだとか・・・。

DeeeP STREAM

個人的にシマノリールを愛用する私ですが・・・。特にメタニウム系は、クラッチをよく壊してしまいます。今回は私だけじゃなかっ…

そうなってしまったときのKDWオフセットクラッチ、そうならないようにのKDWオフセットクラッチ。

愛機をより長く、しかもかっこよくできるという一石で何羽鳥をハントするんだというクラッチなんですね。

所有感UP

好みは人によって違うので、言い切れないポイントではありますが「所有感」がUPします。

とにかく見た目がかっこいい。

ブラックもガンメタも、まるで純正かのようなシャンパンゴールドも、めちゃめちゃかっこよくないですか??

肉抜きのデザインもたまらないんです。

この肉抜きの穴なんですが、ざらつきや違和感全くないです。

もちろん滑りにくい。

切り心地もたまらなくてですね、分解して組み上げるときに固さの調整ができるので、好きな切り心地に調整できるというのがまた魅力。

純正とは違う、独特のスコーン、シャキンとした音、でもしっとりもしている、たまらない切り心地が味わえます。

切り心地の良さと見た目のかっこよさが手に入るんですから・・・ハッピー&ハッピーですよ。

悩むのはカラー

アンタレス&バンタムでもそうだったんですが、どの色にしようかっていうのは重要な問題です。

上の欠塚さんツイートでやっぱり悩むぜ苦しいぜ状態に陥りました。

クロームも選べるということで、やっぱりクロームも欲しいし・・・ってなっちゃいます。

自分が欠塚さんから頂いたものは、欠塚さん自身が手間暇かけて研磨したものでして、クロームではありませんがクロームのイメージには近いですね。

シルバー、クロームもやばいっすね。レベルワインドやハンドルロックナットがシルバーなんでチグハグにはならないんですよね。

こりゃ参った・・・。

まとめ

はじめて存在に出会ったときは、すでに売り切れ状態で泣いていたツリラク。

関連記事

  ミーハーカルコンユーザーツリラクです。 先日、01カルコンについての気になる記事を拝読しました。 KAKEDZUKA DESIGN WORKSの欠塚さんのブログの記事なんですが、そこで紹介されていたカルコンの[…]

念願の01カルコンクラッチが復刻に泣いた令和元年となりました。

欠塚さん、貴重なクラッチありがとうございました(´;ω;`)

しつこいですが、めちゃめちゃサミングしやすい&かっこいいので01カルコンユーザーさんには是非試していただきたいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!