【NLW】チッパワRBブレードの攻撃力、生命感、反則感。

ニシネルアーワークス チッパワRB BL

全長 62mm
自重 16.5g
潜行深度 1.2m

待ちに待った、ブレードモデル。チッパワBL。

ブレードモデル使ってみたすぎて、同じくニシネルアーワークスのブレードクランクやらファットブルに手を出してました。

そんなチッパワBLがついに、ということで手にしちゃいました。

欲しかったマットホットタイガー

マットホットタイガーカラーがずっと欲しかった私。

お店で出会えなかったのは人気色だからなのか、たまたまなのか。

オリジナルチッパワでは手に入らなかったので、今回はマットホットタイガーカラーを予約してみました。

チャートカラーにプラスして、ブレードの波動、フラッシング。

中途半端じゃなく、もうがっつりアピールしちゃおうという魂胆です。

が、ナチュラル系も追加予定。

[ad]

ブレードクランクと比較

ブレードクランクもその名の通り、ブレードが付いています。

チッパワRBのブレードモデルについているブレードはブレクラのブレードよりも一回り大きいです。

ボディはブレクラの方がちょっと長いですね。

ブレードの動き、インパクトは確かにブレクラのそれより印象的です。

巻いている時の手元にくるインパクトは、ブレクラの方が若干強いような印象。

ブレードの働き

深いカップのように、折り曲げられているチッパワRBのブレード。

水をより噛みやすくなっているからか、非常によく回ってくれます。

チッパワRB本体のアクションとは全く別のリズムや方向に動くブレードの存在感は強く、かつ非常に艶めかしいです。

質感はマットなブレードで、このマットさが生命感あるきらめきの秘訣なのでしょうか。

また高速で巻いていると「ふらっ」と軌道がズレ、「チドリ」アクションも演出可能です。

オリジナルチッパワと比べて

オリジナルのチッパワを巻くといつも思うのが、その扱いやすさ。

直進安定性が非常高く、巻いていてストレスもない。

キャスタビリティもよく、何をやっているかがわかりやすい。

そんなクランクベイトなチッパワ。

西根さんが「素うどん」と評するチッパワですが、他のクランクやチッパワのブレードモデルを投げるとそれがなんとなくわかる気がしてきます。

っていうくらい、ブレードモデルはやっぱり味が違います。

オリジナルモデルも「フラットサイド」的で、明滅によるアピールはします。

が、ブレードモデルの方がよりその明滅、ロール(?)が強くなっている印象。

アクションがオリジナルより強くなっている気がします。

でも投げやすく、使いやすいという特徴はそのままで、潜行深度も大きく変わらない。

チッパワに慣れた人も慣れていない人も、とても使いやすいクランクな印象でした。

まとめ

チッパワRBブレードモデルについてでした。

量産型ということで、手に入りやすいはずなチッパワRBブレード。

見かけたらつい買っちゃうやつですね(笑)。

ブレードの動きと、オリジナルとの違いは必見です。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!