【バス釣り】2019年上半期、買って良かったタックルたち。

早いもので6月も中旬。

2019年の半分が終わりました。

ということで今日は2019年、買って良かったバス釣り用品をまとめます。

セントクロイ モジョバス グラス610M

【セントクロイ】モジョバス、ターゲットクランカーでアメリカングラスを味わう。

セントクロイのモジョバスを導入しました。

6フィート10インチのピュアグラスロッドで、クランクベイトをがんがん巻き倒すべくGET。

紫のブランクがめちゃめちゃカッコいいんです。

グラスロッドらしい重さはありますが、カーボンロッドに近いキャストフィール、シャープさが特徴的。

ダッジのような1オンスクラスの羽根モノも、ディープクランクも、ビッグサイズのクランクも扱える懐の広さがお気に入りです。

2019年モジョバスのグラスはリニューアル。

なので自分のは旧モデルになりますが、全然そこはいいんです。

 

 

G.Loomis E6X 782MBR

 

ルーミスのロッド手にしてました。

普及機に位置するE6X。アメリカ現地なら、エクスプライド的なプライスのモデルです。

まだ使い込めていないのでインプレは書いてませんが、6フィート6インチのM的な番手のいわゆるオールマイティなロッド。

ライムグリーンがたまらなくカッコいい・・・という、ジャケ買い的なやつです。

アブガルシア ロキサーニBF8

アブガルシアのロキサーニBF8を細かくインプレしてみる。

アブガルシアコスパモデル、ロキサーニ。

そのベイトフィネスモデルがロキサーニBF8です。

2019年の新製品ではございませんが、手に入れたのは2019年ということでこちらも。

アンダー15,000円で買えるベイトフィネスリールということで、実際どうなのよと思われる方

もいらっしゃると思います。

ネガは外装の安っぽさ。あとは自重といったところでしょうか。

そこを抜けば普通に使える、普通に「軽い」ルアーやリグが投げられるロキサーニBF8。

気にせずガシガシ使えるので気に入ってます。

シマノ 19アンタレス

19アンタレス インプレ。ナロー化したMGL Ⅲスプールの特徴とは。

シマノの最高峰ロープロベイトリール、アンタレス。

非常に幅広い使い方ができる最強のバーサタイルさが魅力のアンタレスも買って良かったアイテムの一つ。

使ってみて驚いたのは「軽い」ものへの対応力。

ブレーキが効かない、等のお話を耳にしますが自分は今のところ問題ないです。

確かにメカニカルブレーキのセッティングが、従来のベイトリールに比べると「?」となるかもですが、ブレーキ効いてるのにめっちゃ飛ぶ!と思えるのは本当に不思議。

巻き心地はもちろん最高レベル。

シルキーさがえげつないです。

なにより見た目がエキセントリックでたまらない。

KDWのオフセットクラッチを合わせたらなんとまぁ・・・。投げて巻いて眺めて楽しいリールです。

まとめ

簡単ですが、2019年上半期にGETしてよかったアイテム(ロッド&リール)を紹介しました。

下半期はどんなものに出会えるかな。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!