ダイワのメタルバイブSSのお求めやすさと使いやすさがヤバイ件。

ダイワからコスパ高しなメタルバイブが。

ということで早速そいつを使ってまいりましたのでメモします。

ダイワ メタルバイブSS

ワンコインで買えるメタルバイブってほんとにありがたい…。

根がかりが敵なメタルバイブ。

ワンコインで買えちゃうってほんとにありがたいんですよね、小遣いバサーなワタシには特に…。

他のメタルバイブと比較

他のメタルバイブと並べてみました。

どれもキンクロ&約7グラムクラスのものになります。

個人的にキンクロ&7gが好きなんです。

シルエットコンパクトでありながら、重すぎず軽すぎない重さですし、キンクロはコンフィデンスで。

話は戻りまして、写真の上はDEX MV。

こちらもワンコインで買えます。

下はツリラク大好きフルメタルソニックです。

メタルバイブSSの見た目が気に入っているのですが、並べてみて納得。

おめめがフルメタルソニックに似てるんですね。

お尻が上がってる感じも似てます。

フルメタルソニックの7グラムより少し小さめのシルエットで、一口サイズ感の強いDEXメタルバイブレーションと同じくらいの小ささです。

ブレードの薄さ

ブレードが薄く、レスポンスがめちゃめちゃ良いフルメタルソニック

メタルバイブSSのブレードはどうなのか。

フルメタルソニックのブレードと比較してみました。

わかりづらいですが、ここはやはりフルメタルソニック(写真下)の方が薄くなってます。

それが使用感に違いを生むのか。

これは後で触れたいと思います。

アイはひとつ

メタルバイブSSにはアイがひとつしかありません。

ベストなセッティングを出したぞ、と。

もうどのアイにしようかと悩む必要はないぞ、と。

ダイワさんがそう言わんばかりの、設計になっております。

浮き上がりにくい

アイの位置を前にすると浮き上がりにくくなる、というのはジャッカルのノッキンジョーをはじめ、多くのメタルバイブがそうなのですが。

このメタルバイブSSは浮き上がりにくめに設定されているようで、短い距離を細かく刻んだり、ボトムをしっかり攻めることができました。

ただ巻きすると、浮き上がってきてしまって中層もしくはシャローを走ってきてしまうということもありませんでした。

ブルブル感しっかり

ブレードがフルメタルソニックに比べ、分厚いという話をしましたが、そんなの関係ないというほど手もとにブルブル感が伝わります。

ラインスラックが出ていて、緩いリフトになってしまうような時でもブルブルしてくれるハイレスポンスさがヤヴァいフルメタルソニック。

そこまでは確かに…という感じですが、十分すぎるほど使いやすいメタルバイブSSでした。

ストレートフォール

フォール時にスライドしたり、ランダムな動きを見せるタイプではなく、ストンと落ちてくれるメタルバイブSS。

ストレートフォールタイプが個人的には使いやすいというか、イメージしやすくて好きなので、ここもお気に入りです。

まとめ

メタルバイブSSについてでした。

ワンコインで買えるとなると、ついレジに持ってっちゃいそうで怖いですね。

冬のありがたいお供になりそうです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!