ミブロ3Cハンドルノブ インプレ。クランカー御用達ノブの味わい。

ミブロ 3C EVA ハンドルノブ

ずっと気になっていたミブロの3Cハンドルノブ。

ついにGET&装着&使用できたので、3Cハンドルノブについてお送りします。

その前に3Cが何かを、パッケージに書いてあるまんま説明すると・・・。

“Control”のC。

“Concentration”のC。

“Confidence”のC。

「コントロール」しやすく、「集中」できる、そして「自信」となるハンドルノブ。

それが3Cハンドルノブ。

っていう感じでしょうか。いいっすね。3C。特にコンフィデンス。これがいい。欲しい。

装着方法

ミブロのツカケンさんのブログに、装着方法が紹介されています。

塚本謙太郎のブログ

いよいよmibro 3cハンドルノブが発売になります。 そこで、その取り付け方法といいますか、取り付けの簡単な……

こちらを見ていただければ、と思うのですが、ちょっと自分的にてんぱった(?)ポイントがあるのでそこだけ紹介します。

自分は、オフセットハンドルSTi2.5
に装着しました。

出典:mibroブログ

気を付けないといけないのがこのスペーサー。

シマノのハンドルにセットするときには必要ないと、mibroのブログにありました。

シマノ用オフセットハンドルということで、このスペーサーは必要ないと思ったのですがこれがないとアウト

このスペーサーとベアリングを入れてハンドルノブをセット。そしてベアリングをもう1つ入れ、スクリューで留めます。

アベイルのオフセットハンドルSTi2.5にも3Cハンドルノブにもベアリングは付いてきませんので要注意です。

スペーサーを入れても少しガタがあったので、付属のシムで調整しました。

 

純正ノブと比較

バンタムの純正ノブと比べると長さはちょっと長い感じ。

指の置き所、握りどころに余裕があります。

そしてベタっとした平らな握り感ではありません。

つまんでる感、引っ掛ける感が強いのが純正と大きく違うところですね。

純正に慣れていると違和感はあるかもですが、フィールドで実際握っているとすぐに慣れます。

その形状からか、純正ノブよりノブ自身がよく回転するような気も。

ハンドルの回転に伴って、ノブ&ベアリングも回るという感覚が強く「巻き抵抗を軽減」されているような。

気のせいなのかな・・・。

引っ掛けて握れる

末広がりなテーパーデザインになっている3Cハンドルノブ。

指のポジションはその広がりはじめに落ち着きました。

モンスターとのファイトでも、しっかり引っ掛けてゴリ巻きできる!というデザインですね。

EVAだからべたつかない

EVAでできているので、グリップがべとべとになるなんていうことがありません。

開封直後の肌触りはザラザラ。

EVAのノブはつるつるなものもありますが、この3Cハンドルノブは滑りにくい表面になっています。

この肌触りも使っているとすぐに慣れます。違和感は全くありません。

握り心地、触り心地ともに慣れると病みつきになります。

感度

EVAが指先に伝える情報は十分。

ゴンという感触はちゃんと伝わります。

カラーバリエーション豊富

カモフラ柄が攻めてる感出てますが、浮いちゃうような感じがないのが3Cハンドルノブのカッコいいところ。

カラーバリエーションが豊富で、パープルもブルーもオレンジもピンクもあり、ド派手にコーデすることも可。

リールカスタムをゴリゴリにやっていて、カラーパーツを装着している人はそれに合わせたカラーを選べますし、そんなことしてない、という人でもブラック系を選べる。そんな素敵なカラバリです。

まとめ

ミブロの3Cハンドルノブの使用インプレでした。

お値段比較的お求めやすいのがまず魅力。

そして次第に病みつきになる握り心地。まじで気に入りました。

っていうかマイカスタマイズドバンタムかっこいいなぁ・・・。

ここまでお読みいただきありがとうございました!



ミブロ EVA 3Cハンドルノブ

最新情報をチェックしよう!