【ヴィローラ】集魚剤ばりの集魚力&魚探並みのサーチ力

DSTYLEの新顔、噂のヤバイやつを実際に試してきました。

ヤバさはリアルで目撃していたのですが、実際に使ってみてどうか実験したので、そのメモを書きたいと思います。

DSTYLE ヴィローラ

 

まんま小魚なルックス。

悪く言えば、特徴があまりないルックスです。

初めて出会ったのは先月の三島アタック。

ikahimeさんがバンバンこいつで釣ってたんです。

いーなー、なんて指を咥えて見ていたワタシ。

店頭でヴィローラに再会したら、飛び付かずにはいられませんでした。

シンプルな見た目のヴィローラに、一体なにが潜んでいるのか、使って観察してみました。

見た目

プルンプルンだけど少し張りのある?ボディ。

中空になっています。

なぜかお口がカップ形状になってます。

でもポッピングで使う感じじゃないですよね。

この形、意味が絶対あるはず…。

ヤバイのはテール

早速結論に行きますが、ヤバイのはテールです。

ノーシンカーでゆっくり表層付近をすーっと泳がせてみました。

遠くからではわからないですが、間近で見ると「!!!」となるほどテールがビビビビと震えているのです。

ボディはスーっとまっすぐ姿勢良く泳いでいますが、テールが物凄い小刻みに水を刻むヴィローラ。

シャッドテールの激しさとは違いは、細かすぎるバイブレーションで魚にアピールするんです。

ぬほ!と驚くこと間違いなし、なマイクロヴァイブレーションです。
[ad]

集まってくるバス

少し沖の方に投げて、長いこと引いてみると、近づくにつれてバスが2匹一緒に泳いでくるのが見えるじゃありませんか。

小さいバスのアタックを受けるも、小さすぎてヴィローラを飲めないのでまったく掛からず(笑)。

がちで集魚力がすごいっす。

集魚剤か、魚探か。

ヴィローラを泳がせれば、魚が寄ってくる。

釣ることはできませんでしたが、魚がどんなとこにいるのかがわかるのは非常にありがたいです。

事実、それをヒントに小バスと遊べたり、フィールドのイメージが掴めたので、魚探的というか、サーチという仕事をしてくれる強い味方になってくれました。

初めての釣り場なんかで、魚探無しで探るときに使いたいですね♪

フック

フックは2番のオフセットフックをセットすると丁度いい感じです。

まとめ

ワラワラ湧いてきたり、じゃれてきたり。

そんな状況も楽しめるワーム、ヴィローラ。

やっぱり間違いないワームでした。

ヴィローラ、切らしてしまったら不安になるのはわかる気がする・・・。

というわけで今日はDSTYLEのヴィローラを使ってみて、でした!

Thank you for reading!

最新情報をチェックしよう!