【DSTYLE】Dジグというスタンダード。ジャパンスモラバの基本形。

日本屈指のアングラー、青木大介。

そんな青木大介プロと言えば「スモラバ」というイメージが、ちょっと前まではありました。

色々話題となるルアーはあるけれど、ちょっとベーシックなものを使ってみようということで、青木大介プロこだわりの品を手にしてみました。

DSTYLE D-JIG

 

重さ 0.8g/1.3g/
1.8g/2.3g

青木大介プロ監修の汎用性が武器のスモラバ、Dジグ。

ラバーの本数、カット、シルエット、すべてにこだわりが詰まったっスモラバです。

ガード

スモラバには根がかりを防ぐためのガードがついていることが多いです。

ガードはブラックというのが一般的ですが、このガードはブラックではありません。

カラーによってはラバーと見間違うような、ナチュラルルックなカラーになっています。

張りは強いほうではないので、根がかり回避性能は低いかもしれません。

濃いカバーを使うならD-ジグカバーを選ぶのがベターです。

フレア

特筆すべきは、ラバーのフレア感。

ワームにまとわりつかずに、ふわーっと膨れ上がる姿はちょっと感動

45度アイ

アイの角度は45度

すり抜けが悪くならない角度のアイになっています。

Dジグ×コエビチャン

Dジグを手にした最大の理由があります。

それはコエビチャンの存在(笑)。

以前、コエビチャンというワームについて記事にしました。

 

コエビチャンという駄菓子ライクなシマノワーム

 

浮力の高いコエビチャンをボトムで使いたい。

スモラバがイイかもということで、コエビチャンにあうスモラバを探してました。

私のコエビチャンは「ナチュラルプロブルー」というカラー。

このブルーに合うスカートを持つスモラバを探していたんです。

で、探してみると案外ブルー系がない。

Dジグに目をやると、ナチュラルプロブルーにぴったりなスモーク/ブルーというカラーがあるじゃないですか!

付けてみた

ということで付けてみました。

ぴ、ぴったし・・・。

セット販売レベルの相性の良さ。

Dエビチャン完成です。

使ってみましたが、コエビチャンの浮力が半端なく「浮力はんぱないって」状態。

威嚇するように立ち上がるコエビチャンはボトムでしっかり、バスにアピールしておりました。

まとめ

Dジグについてというより、コエビチャンと合わせてみたというような記事になってしまいました(~_~;)

ビッグバスにはもしかしたらやられちゃいそうなフックですが、ボトムでピリピリ、そしてふわーっとフレアする姿が気に入りました。

Dエビチャン食われてくれ!!!(笑)。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Thank you for reading!

 

最新情報をチェックしよう!